Skip to main content

攻撃を受けたタイの鉄道労働者を支援する国際行動日

11 Nov 2019

2019年11月7日、世界中の労働組合活動家が、タイの組合指導者を支援して行動を起こした。

 

タイ国鉄労組(SRUT)の指導者13人が、組合が実施した安全衛生キャンペーンに関連して起訴されていたが、11月11日に裁判が行われる。有罪判決を受けた場合、最高5年の懲役、2万バーツの罰金、国鉄での雇用の終了に直面することになる。

ィルン・サカエクム、プラチャニワット・ブアスリ、ニッチアニ・チャイヤプム、ソラウト・フォトンカム、サワチャイ・ブーンウィスート、サロジ・ラックチャン、 サウィット・カエワン、サーラ・サワンハム、リアム・モクンガム、ピノヨー・ルエンフェット、アルン・デラクチャット、バックジョン・ブンネット、スピチェット・スワンチャトリである。 

ITFと加盟組合は、タイ首相に宛てた書簡を世界中のタイ大使館に届けて、以下を要求した:

  • SRUTの裁判に即時介入し、タイが国際労働基準を尊重していることを示す。
  • 本裁判に関するILO結社の自由委員会の勧告を実施する。すなわち、SRUT幹部13人に対する起訴を取り下げ、SRUT幹部7人に対する損害賠償請求を撤回し、給与減額分を返還することと、復職以降発生した給与減額および諸権利の剥奪に対して7人が全面的に補償を受けられるよう、タイ国鉄に要請する。さらに、結社の自由の原則を保障するために、タイの労働法を改正する。

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.