Skip to main content

アフリカ地域

アフリカの交通運輸労組の連帯

 今日、アフリカ大陸の全ての地域にITF加盟組合が存在し、英語、フランス語、アラビア語、ポルトガル語の全主要言語で活動が実施されています。

 アフリカ地域においては、労働組合の権利の侵害が大きな課題となっています。各国レベルで組合間の連携・調整を強化することで、この課題の克服を目指しています。2つ以上の加盟組合が存在するほぼ全ての国にITF加盟組合協議会が設置されています。国同士の連絡・調整を強化するために、小地域委員会も設置されています。  

 優先課題

  • 組織拡大
  • HIV-エイズ
  • 女性の組合活動参加促進
  • 青年の組合活動参加促進
  • ハブ・コリドールの現況分析-ITFの研修を受けた女性・青年と共に
  • 国レベルでの調整・連帯強化を通じた組合の強化
  • コミュニケーションの強化

 アフリカ地域事務所はナイロビ(ケニア)にあります。  仏語圏・西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)事務所はアビジャン(コートジボワール)にあります。

Subscribe to アフリカ地域

アフリカ地域 ニュース

ニュース | 13 Aug 2021

労働者には気候変動で変わる交通運輸に対応する覚悟がある

交通運輸部門からの排出は二酸化炭素の全排出量の21%にあたる。さらに、2015年時点では、交通運輸で使われる燃料の95%...

もっと見る