Skip to main content

Moving our world forward

交通運輸労働者の平等、公正、安全を追求

ITF2,000万人の様々な労働者 -世界のあらゆる場所の、あらゆる交通運輸部門の労働者- を組織し、今日および明日の生活向上という目標に向かって団結しています。


世界の交通運輸産業リードする組織として、また、世界の交通運輸労働者の代弁者として、労働者を絶えず変化する仕事の世界の中心に位置づけさせます。すべての労働者の生活に影響を及ぼす重要な問題に注力することで、目下の課題に取り組むだけでなく、積極的に未来を形作ります。

重点分野

安全

毎年、何千人もの交通運輸労働者が仕事中に命を落としています。さらに数百万人が、ネグレクト、ハラスメント、強要、暴力にさらされたり、衛生設備を安全に利用できるといった基本的なニーズさえ満たされない環境で働くことを余儀なくされたりしている結果、予防可能な傷害・疾病が発生しています。職場の安全基準が無視され、交通運輸労働者の生命、健康、安寧が危険にさらされ続けています。
詳細を見る

平等

今日においても、世界中の労働者がジェンダー、年齢、民族、宗教、障害、在留資格、性的指向に基づく差別に直面しています。男性支配的な交通運輸産業において、女性は参入や昇進の制度的障壁に直面し、暴力やハラスメントの被害を受けやすく、意思決定において常に目に見えない存在として扱われています。青年は非正規化、賃金・労働条件の低下、不安定化に特徴づけられる仕事の世界に入っていきます
詳細を見る

持続可能性

気候の非常事態は、予想よりもずっと早く、深刻に、世界中の人々に影響を及ぼしています。科学者らは、これ以上行動を遅らせてはならないと警告しています。交通運輸労働者が深刻化する気候変動の影響を大きく受ける一方、交通運輸部門の排出量は世界中で増え続けています。世界中で気候危機に取り組むために、言葉を行動に変えていかなければならいません。
詳細を見る

未来

テクノロジーは私たちが世界中にモノを運び、人を動かす方法を変える力を持っています。また、労働者の仕事を向上させ、生活の質を高め、より良い意思決定を可能にします。しかし、適切な規制および管理がなければ、テクノロジーは監視のための道具となり、基本的権利を侵害し、交通運輸システムに従事する労働者と利用者の両方を差別的な対応を行います。 テクノロジーは業務の再編や労働者の削減
詳細を見る

権利

世界中の労働者が労働組合に加入して活発に活動し、労働条件の切り下げ(スト権抑圧を含む)に対して声を上げ、行動する権利を攻撃されています。その結果、不安定な雇用、貧困、不平等、企業の強欲が増加し、労働者の賃金や労働条件が切り下げられています。
詳細を見る

説明責任

政府、使用者、投資家は、商品や乗客の輸送に携わるすべての労働者の安全、賃金、労働条件について説明責任を負っています。労働者は直接雇用であれ、請負であれ、非正規雇用であれ、ディーセント・ワーク、基本的労働権、真の社会的保護を享受できなければなりません。
詳細を見る
変化を生み出す
Union building
仕事の世界は絶えず変化しています。ITFおよび労働組合運動は、労働者が仕事の世界の中心となるよう常に闘っていきます。我々は世界経済の血流であり、経済的使用者のエンジンです。私たちには果たすべき役割があります。すべての労働者にとってより良い仕事の未来を形作るために、交渉の場でも声を上げていきます。
革新的なキャンペーン(運動)
ITFは、革新的なキャンペーン(運動委)を動員・組織し、永続的な変化を生み出すためのツールやサポートを提供することで、今日の労働者が直面している問題に世界の交通運輸労組が取り組むのを支援します。
また、共に立ち上がり、連帯することで、私たちの声を確実に届け、私たちのための未来を形作る役割を積極的に果たしていきます。

政策提言
ITF keeps governments and employers accountable by advocating for – and contributing to – the development and adoption of forward-thinking policies and regulations that protect the rights and livelihoods of workers. ITF has an important role to play in connecting policymakers to the current struggles and lived realities of workers to help design better policies that can improve our collective futures.

現場の取り組み

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり
ニュース 08 Feb 2024

トルコのDHLロジスティクス労働者が画期的協約を締結

トルコの労働組合 Tümtis (トゥムティス)は、組合員のために DHL ロジスティクスサービスと交渉し、画期的な成果を得ることに成功した。 トゥムティスが勝ち取った協約では、 73 ~ 85 % の賃上げと、労働者へのボーナス支給回数の増加が確保された。これにより、ほぼ未組織のトルコの物流セクターにおいて、組織労働者が初めて年 4 回のボーナスを支給される権利を得た。 今回の給与の引き上げは、
ニュース 01 Feb 2024

国際司法裁判所(ICJ)の命令を歓迎する - ガザの流血を終わらせるためにグローバルな協力を

2024年1月31日配信  国際運輸労連 (ITF) は、南アフリカがガザ地区におけるジェノサイ ド条約の適用を求めてイスラエルを提訴した件に関する国際司法裁判所 (ICJ) の命令を歓迎す る。 ICJ はガザの人々の回復不能な被害を防ぐために保護と介入が必要であることを認識し、ガザのジェノサイドに対する信憑性の高いエビデンスへの対処を目的とする拘束力のある暫定措置命令を出した。  ITF
ニュース 01 Feb 2024

グローバル・ユニオンが共同行動を呼びかける - ガザ地区のジェノサイド(集団虐殺)をめぐる国際司法裁判所の命令を受けて

2024年1月31日配信  グローバル・ユニオンは、南アフリカがガザ地区におけるジェノサイド条約の適用を求めてイスラエルを提訴した件に対する国際司法裁判所(ICJ)の命令に留意する。この命令は国際的な法の支配と効果的な執行が極めて重要であることを示している。   ICJ の拘束力のあるこの暫定措置命令は、ガザ地区の住民を保護し、さらなる被害を防ぐための緊急性に対応するものである。 ICJ