Skip to main content

公共交通部門の女性労働者のための画期的な労使合意

ニュース 記者発表資料 14 Mar 2019

 1,800万人の交通運輸労働者を組織する国際運輸連(ITF)と使用者団体の国際公共交通連盟(UITP)は、公共交通部門の女性の雇用拡大を目指す協定を締結した。

 両者は、ITF加盟組合およびUITP加盟企業と協力しながら、複数の都市で試験的に協定を実施していく。最初の都市が今年後半に発表される。

 女性の雇用拡大、機会均等、ディーセント・ワーク促進のための勧告は次の9つの分野にわたる。1)労働慣行とジェンダーの固定観念、2)採用、3)労働環境と設計、4)施設(衛生設備を含む)、5)職場の安全衛生、6)ワークライフ・バランス、7)研修、8)賃金平等、9)企業方針

{"preview_thumbnail":"/sites/default/files/styles/video_embed_wysiwyg_preview/public/video_thumbnails/MGT7RE5WTkI.jpg?itok=uvpoRkce","video_url":"https://youtu.be/MGT7RE5WTkI","settings":{"responsive":1,"width":"854","height":"480","autoplay":0},"settings_summary":["Embedded Video (Responsive)."]}

 ダイアナ・ホランドITF女性委員会議長は、「この画期的な協定は世界中の人々の生活向上につながるだろう。公共交通は我々全ての人にとって不可欠な存在だ。公共交通部門の女性の雇用状況が改善すれば、全ての人にとっての公共交通が改善する。だからこそ、この勧告が重要な意義を持つ。協定の実施は全ての労働者と全ての乗客に利益をもたらす。今こそ行動を起こす時だ。公共交通の労使が協力して、この協定を実施し、真の変化をもたらさなければならない。ITFはUITPと協力しながら、パイロット都市を選定し、全ての人にとって利用価値があり、積極的に女性を活用する公共交通システムを構築していく」と述べた。

 セシル・サドーUITP人事部長は、「女性の参加は、組織全体および経営トップのサポートによって、促進、称賛すべきである。“車内(onboard)”だけでなく、“役員会(on the board)”でも女性を増やさなければならない」と述べた。

 ITFとUITPの協定のダウンロードはこちら: https://www.itfglobal.org/en/reports-publications/itfuitp-positive-employer-gender-policy

 

 

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 28 May 2024

ガボンとエスワティニがFOCに

国際運輸労連 (ITF) は便宜置籍国( FOC )のリストに新たに 2 カ国を加えた。  新たに加わったガボンとエスワティニは、いわゆる「ダークフリート」と深く関係しているとみられている。  一方、トンガは 76 年前から続いている FOC リストから削除され、 FOC の総数は 43 となった。   ITF の パディ・クラムリン会長は次のようにコメントした。
ニュース 27 May 2024

反労働者の法律をゼネストで拒否

 2024 年 5 月 9 日、アルゼンチン労働総同盟( CGT )とアルゼンチン中央労働組合( CTA )の交通運輸労組は、反労働者の法律に抗議するためにゼネストに加わった。  右派のハビエル・ミレイ大統領は賃金・労働条件の規制緩和を目的に 366 本の法律を改正し、必要緊急法令( DNU )を通じてアルゼンチン航空などの公営企業の民営化を進めようとしている。  交通運輸労組は DNU
ニュース 27 May 2024

平等の後退:公共交通の女性の仕事と自動化

 ITF は、公共交通部門の自動化やデジタル化による人員削減や業務再編の影響がいかに女性労働者に及んでいるかに関する調査 報告書 を発表した。  新技術は、新たな仕事の機会をもたらすなど、女性労働者に利益をもたらす可能性もある。しかし、切符販売や案内業務に従事する女性は、それらの仕事が廃止されるリスクにさらされるため、自動化の影響を大きく受けることとなる。  この報告書では