Skip to main content

韓国政府に労働基本権の保障を要求

15 Apr 2019

ITFは、韓国政府がILOの基本労働条約を批准し、全ての労働者に労働基本権を保障するよう求める韓国労働者の要求を支持している。

 4月13日、トラック運転手や特別な雇用形態の労働者を含む韓国人数千人がソウルで抗議行動を行う。 

 ITFのスティーブ・コットン書記長は、文在寅大統領宛の書簡で、以下を要請した。

  • 結社の自由、団結権、団体交渉権を認めるILO第87号条約および第98号条約を早期に批准すること
  • 既存の労働者保護の緩和を示唆するのを止めること
  • 非標準的な雇用形態の人々を法律で労働者と認め、労働基本権を与えること

 「文大統領がILO総会への出席を検討していると理解している。国際社会で恥をかく前に、また、仕事の未来に関する、総会での議論に有意義に参加できるよう、まずは、国際社会および韓国の労働者に対する義務を果たす必要がある」とコットン書記長は語った。

 文政権は、ILO第87号条約および第98号条約の批准について国会で承認を得ることを繰り返して約束してきたが、これまでのところ、これを迅速に実行する気配はない。

 文大統領宛の書簡はこちら(英文)。

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.