Skip to main content

ライアンエアーの客室乗務員、オランダで正義を勝ち取る

04 Oct 2019
オランダの裁判所は、ライアンエアーが昨年アイントホーフェン空港の基地閉鎖で解雇した労働者に補償金を支払わなければならないという判決を出した。

 ライアンエアーは2019年9月、同年夏のストの影響に言及しながら、アイントホーフェン基地の閉鎖を発表した。 ITF、欧州運輸労連(ETF)、加盟組織(客室乗務員を組織するオランダのFNVを含む)は、労働者の基本的権利に対する攻撃として、直ちにこれを非難した。

 本年3月、オランダ労働当局(UWV)は、ライアンエアーは基地閉鎖を理由にパイロット16人と客室乗務員15人を解雇することはできず、同基地を再開しない限り、通常運航時のように当該労働者に賃金を支払い続けなければならないとの判断を下し、組合側の主張を支持した。

 今回の裁判所の判決は、別の基地への異動を拒否した全ての労働者に国内労働法に基づく補償を行うこと、また、訴訟の当事者である労働者には、基地閉鎖の日から問題が解決する日まで賃金全額を遡及して支払うとともに、補償金として6ヶ月分の賃金を追加で支払うことを命じた。

 ITFとETFは引き続き、ライアンエアーの労働者を組織する加盟組合のネットワークを支援し、ライアンエアーが全ての就航国で成熟した労使関係を構築することを要求していく。

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.