Skip to main content

ナミビアのILO第190号条約批准を歓迎する

ニュース 14 Dec 2020

 ナミビアが仕事の世界における暴力及びハラスメントの撤廃に関するILO190号条約を批准したことを歓迎する。これにより、我々は男女平等とあらゆる労働者の保護という目標に一歩近づいた。

 ILO190号条約は、仕事の世界における暴力やハラスメントの撤廃に焦点を当てた初の国際労働基準である。職場で危険と向かい合わせの交通運輸労働者にとって、この条約は特に関連性が高い。暴力やハラスメントが日常生活の一部となっているという女性労働者の声をよく聞く。より多くの国が第190号条約を批准することで、あらゆる労働者にとって働きやすい、ジェンダーに基づく暴力のない交通運輸産業が実現し、この男性支配的な産業により多くの女性労働者が採用、維持されることを望む。

  男女の格差を明るみにした、このコロナ禍において、ナミビア政府が第190号条約に批准したことは特に意義がある。批准は「ジェンダーに基づく暴力に対する16日間のキャンペーン」の最終日の前日に行われた。

 今、職場での暴力・ハラスメントに反対する機運が高まっている。第190号条約の策定には世界中のITF加盟組合や女性活動家が関わった。ITFは引き続きこれらの人々を支援する。より多くの国の批准が実現し、団体交渉を通じて安全な職場が勝ち取られることを期待する」

 

ジョディ・エバンスITF女性・ジェンダー平等部長

 

ナミビアは、ウルグアイ、フィジー、アルゼンチンに次ぐ4番目の批准国。条約は2021625日に発効する。

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり