Skip to main content

タイ労組が航空労働者の力の構築に向けて大きく前進

10 Jul 2019

 ウィングスパン労働組合(WWU)、ウィングスパンだけでなく、タイの他の航空会社の組合加入を認めることを組合投票で決めた。

 タイの空港で働く下請け労働者や不安定雇用の労働者を組織し、頑強なオルグモデルを作り上げることを目指すITF空港組織化プログラムにとって、大きな一歩である。

 航空産業では、下請け会社の雇用が増えている。WWUはタイの民間航空部門と下請け労働者を組織する唯一の組合だ。

 WWUは、ITF空港組織化プロジェクトやタイ国営企業労働者連盟(SERC)が支援するタイ労組空港アライアンスのメンバーだ。

 ITF空港組織化プログラム・リーダーのエリン・バンダマーは、次のように語った。「素晴らしい成果を収めたWWUの活動家や幹部の皆さんに敬意を表したい。SERC、 ITFのウサリン・カエプラドラップ空港コーディネーター、タイ労組空港アライアンスの連帯・支援の成果でもある。WWUの組織拡大や、アライアンスが取り組む、未組織の空港労働者の組織化に大きく貢献するだろう」

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.