Skip to main content

空港で働く組合活動家がトロントに集結

10 May 2019
先週、組織化を国際的に進めるため、世界中の空港で働く組合活動家が一堂に会し、各自の職場で組織化を進めてきた経験を共有した。

英国、カナダ、インドネシア、韓国、タイ、米国の空港労働者がトロントに集結し、互いの成功例に力を得て、互いの戦略から学んだ。この取り組みは、空港ハブに焦点を当てたITFの主力組織化プログラムの一環として行われ、同じ職場で働く労働者が職種を超えて結集し、より良い賃金と労働条件を勝ち取れるよう支援することを意図している。

最近の勝利の例としては、地元組合がトロント大都市圏空港局に契約を転換させたことや、ニューヨークの組合が時給19ドルの最低賃金を獲得したことなどが挙げられるが、ともに労働者が直接の使用者を超えた大局的な戦略のもとに運動を進めたことが勝利を導いた。グローバル航空産業で自由化が進み、昔から航空業界に存在してきた良質の雇用が脅かされている今、労働者が結集し、成功例について共有することは不可欠だ。

組合活動家たちは、空港ハブにおいて国際的に組織化を強化し、共通の課題に連携して取り組む計画を打ち出した。来年には共同行動も行う予定で、雇用条件の規制を強化し、賃金を引き上げ、空港内の職場環境をより改善するため、世界の労働者がより緊密に協力することになろう。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.