Skip to main content

ケニアの労働者、BRT計画に物を申すべく、ITF研修に参加

ニュース 09 Jul 2019

ナイロビの3つの労働組合の組合員がコミュニケーションスキルに関するITFワークショップに参加した。ケニア政府がバス高速輸送(BRT)システムを建設する計画を立てており、これに組合が影響力をもてるようにするためだ。

運輸労組(TAWU)、マタツ労働組合(MWU)、公共交通輸送組合(PUTON)の3労組は、BRTに関する組合の要求を政府に聞き入れてもらうため、緊密に協力している。最近ではナイロビ全域で共同のデモ行進も行った。 

ITFワークショップでは、3労組の要請にもとづき、以下のコミュニケーション面の訓練を行った:

  • メディアリリースの書き方と宣伝
  • テレビ・インタビューの技術
  • 戦略的コミュニケーション計画の策定
  • ケニアのマスコミに関する理解

ワークショップでは、ケニアのマスコミ・コンサルタントのエミリー・マンジェルによるプレゼンテーションののち、ITFコミュニケーションチームによる実地訓練セッションが行われた。

この研修に参加したPUTONのジョセフ・ニディルティは、「研修のおかげで、今後はマスコミにもっとコンタクトできるだろう。さらに、自信をもってインタビューを受けることもできるようになった。全体的に見て、組合の意見を聞いてもらうための最良の方法は何かを学ぶことができた」と述べた。

BRT建設に関わる組合に関する、このようなITFの取り組みは、スウェーデンのSEKO労組とユニオン・トゥー・ユニオン労組から一部資金援助を受けて行われている。ワークショップの様子を観察していたSEKOのジェンス・サヴァスタムは、「3労組の協力関係が順調なことは明白で、政府も徐々に組合の要求に耳を傾け始めている。3労組が目標を達成しつつあることは実に刺激的だ」と語った。

ITFが以前、外部に依頼して作成した報告書によると、ナイロビにBRTが導入されれば、インフォーマル公共交通セクターで働く人々に大きな影響が出るだろうことが予測される。

 

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 01 Jul 2024

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず
ニュース 28 Jun 2024

チリの労働運動に大きな打撃

 国際運輸労連 (ITF) はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連 (FNTF) のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。  ボニンは 6 月 20 日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅 1,346 トンを積載した貨物列車を運転していた。  初期の報道によると、チリ国鉄 (EFE) の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。  ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ