Skip to main content

キルギスタンとカザフスタンの鉄道労組、新たな課題に取り組む

25 Oct 2019

キルギスタンとカザフスタンの鉄道労組から40名以上の活動家が結集し、再編後の鉄道会社で組織化を進めるための戦略を共有した。

 スウェーデン労働界の国際開発組織、ユニオン・トゥー・ユニオン(U2U)から財政支援を受け、カザフスタンのヌルスルタンで開催されたこの3日間のワークショップには、女性労働者も20人参加した。

 参加者はまた、10月23日に行動日を実施し、全インド鉄道員連盟(AIRF)が展開している反民営化の闘いに対して連帯を誓った。

ITF内陸運輸部会のジャニーナ・マリノフスカ部次長は、「鉄道会社の再編時期における労働組合の主な問題は、民営化後の会社で既存の組合員を維持することと、新しい使用者との交渉だ。組合の組織化担当者は、新しい現実に立ち向かうために新しいスキルを必要とするが、このU2Uプロジェクトがその面で手助けになる」と述べた。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.