Skip to main content

独立国家共同体(CIS)の鉄道労組がジョージアに結集

16 Apr 2019

独立国家共同体(CIS14カ国の鉄道労組が、シベリア鉄道に関する経験を共有するとともに、相互協力の方法を議論するためにジョージアに結集した。 

 国際鉄道労連(ITUCRW)加盟組合は、ジョージアのトビリシに結集し、民営化対策や、バイカル・アムール鉄道に関する協力体制、中国の「新シルクロード」プロジェクトへの対応について協議した。

 ITFのデービッド・コーブ鉄道部会議長は、201810月のシンガポール大会で承認された鉄道部会の優先活動について説明した。

 「ITUCRWの取り組みは素晴らしい。 共に活動することで、共通の目標を定め、影響力を拡大できる。世界の鉄道労働者を支援するのがITFの仕事だ。私はこれに全力で取り組む」と語った。

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.