Skip to main content

労働組合、ユーラシア鉄道関連の協力を計画

16 Aug 2019

現在、ITF代表団が韓国を訪問し、主要輸送回廊のユーラシア鉄道に関して、関係地域の鉄道労組が緊密に協力することを計画している。

ITF鉄道部会のデビット・ゴベ議長とITF内陸運輸部会のジャニーナ・マリノフスカ部次長も、ロシアの鉄道組合、ROSPROFZHEL労組の代表とともに代表団に参加した。

 2名のITF代表者は、南北鉄道について国会で演説を行った。

また、KPTUおよびKRWUなどの韓国の鉄道労組と、ロシアのROSPROFZHEL労組の代表者は、朝鮮半島統一が実現した場合の効果とシベリア横断鉄道路線に関する今後の協力体制について議論した。

代表団はまた、高速列車KTXの高陽駅を訪問し、植民地からの解放を祝う8月15日の光復節をともに祝った。

ゴベ議長は同地域の重要性に関して次のように述べた。「グローバル経済にはモノや天然資源の迅速な輸送が不可欠であるため、輸送回廊の役割は極めて重要だ」

マリノフスカ部次長も「今すぐ組合の戦略を準備する必要がある。どのような協力関係が必要かを見極め、鉄道労組の国際的な結集拠点であるITFの役割を決定しなくてはならない」と述べた。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.