Skip to main content

ITF launches new HIV/AIDS manual for affiliates

ニュース 26 Jun 2014

This publication delivers further on the ITF’s Congress mandates in 2002 and 2006 to strengthen its work on HIV/AIDS and challenge the stigma and discrimination surrounding the disease.

Writing in the introduction to the new manual, ITF acting general secretary Steve Cotton said that much had changed since 2004, when the ITF published its first version of the guide.

He commented: “It’s not just a matter of updating statistics but of taking on board the evolving dynamics of the epidemic, the progress that has been made in both prevention and treatment, and the development of new tools and approaches. ITF affiliates have undertaken major programmes and there are many achievements to report.”

He warned against complacency and vowed the ITF would continue to work with its affiliates “to combat the still very real threat that AIDS presents to the rights, health and livelihoods of working people and their families”.

The manual provides hands on guidance; best practice examples from affiliates with a long track record of action on the issue; and practical support to unions in dealing with HIV/AIDS in the workplace and their fight against stigma and discrimination. It includes learning activities, a round-up of training methods and techniques, and a summary of basic information about HIV/AIDS.

Download Action on HIV/AIDS – ITF handbook for transport unions (68 pages).

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 08 May 2024

労災の犠牲者を追悼し、今を生きる労働者のために闘う

 毎年 4 月 28 日に世界中で記念される「労働者追悼の日」(または「労災犠牲者追悼記念日」)は、労災で死亡、負傷、または体調不良となった労働者を追悼し、行動を起こす世界的な記念日である。  最近、アプリを利用したデリバリーのライダー(配達員)が増加しているが、彼らの中には休憩を与えられず、危険な天候の中で働かされている者もいる。先週スペインで 1 人のライダーが死亡したが
ニュース 08 May 2024

トルコの港湾労働者は我々の支援を必要としている

トルコのブルサ近郊のボルサン港で働く港湾労働者が、港湾所有者のボルサン・ロジスティクスから、自らが選んだ組合に加入したことを理由に攻撃されている。 港湾労働者の 70 %以上が、 3 月に ITF 加盟組合のリマン・イシュ労組に加入した。 すると、ボルサン港の経営陣は、組合に加入したことを理由に港湾労働者 6 人を解雇した。 これに対し、組合は港で 4 日間の抗議行動を実施し、港湾を閉鎖した。
ニュース 07 May 2024

ITFとウーバーが配達員のためのグローバル安全憲章を制定

2024年4月25日配信 新たな合意の下で社会的対話を継続する ITF とウーバーが配達員のための安全憲章を制定した。 これにより、ウーバーは世界 1 万1千以上の都市の何百万人もの配達員の安全衛生の拡充にコミットする。 また、 ITF とウーバーは世界中のドライバー・配達員の労働条件向上に関する社会的対話を継続するために、両者の覚書を更新した。 これは、2年以上にわたる両者の協力により