Skip to main content

Airline workers sign historic agreement with Colombia LATAM

ニュース 03 Jun 2016

The agreement was approved by the union’s assembly on 24 May and signed the next day. It will run until 2018 and will govern processes relating to workers’ rights in Colombia LATAM. It establishes the right to due process and defence in disciplinary matters, and an established career plan. It also includes equal pay for equal work, greater job security, transport to and from work, a guaranteed 12-hour rest period and increased trade union permits, which mean that Sintratac leaders will have more time paid by LATAM to work for the union.

Sintratac president Esteban Restrepo said: “It is the first time a clear and solid way has been set for the rules governing air workers’ employment with the company. It ends the arbitrariness of the rules which operated until now.”

ITF civil aviation secretary Gabriel Mocho congratulated Sintratac and the workers at Colombia LATAM on their achievement, and said their commitment to the ITF’s LATAM network – which was set up when the company started in 2010 – should serve as an inspiration to other civil aviation unions.

The LATAM network and its co-ordinator Dina Feller have supported the negotiations from the start, kicking off with a meeting in Bogota in November 2015, with help from the Ebert Foundation in Germany. Cristina Cadavid, general secretary of the Colombian Association of Flight Attendants and chair of the ITF regional committee, also supported the airline workers, and described the agreement as strengthening the unity of airline unions and workers.

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170