Skip to main content

船員支援のITFコンタクト・ネットワークがアジア太平洋地域にも

17 Oct 2019

 困難を抱えた船員を支援するためのITFコンタクト・ネットワークがアジア太平洋地域にも整備され、バングラデシュ、カンボジア、マレーシア、ミャンマー、パキスタン、パプアニューギニア、ソロモン諸島、タイがカバーされることになった。

  近年、ITFのインスペクターやコンタクト(連絡窓口)が存在しない国からの船員の支援要請が増えている。現地の政治状況や海事当局の能力等のさまざまな要因から、これらの要請に応えることは容易ではない。

  この問題を解決するために、ITF2018年に特定の国の加盟組合、福祉団体、政府機関の担当者から成るネットワークを設置した。

  これらの担当者は一定の研修や教育を受けた後、経験豊富なITFインスペクターの連絡・調整を受けながら、助けを求める船員に現地で直接支援の手を差し伸べる。港湾労働者のプロジェクトやキャンペーンを支援することもある。

  このようにしてITFの支援を受けられる国の数は現在、90カ国に達した。ITFコンタクト・ネットワークは既にアラブ地域(イランを含む)、中南米・カリブ地域、西アフリカに設置されている。 

  アラブ地域のコンタクト・ネットワークは14カ国をカバーし、複雑かつ困難な状況の中で、多数の船員を支援し、効力を発揮している。 

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.