Skip to main content

マリの鉄道労働者の命がけのハンスト

26 Mar 2019

 ITF加盟フランス労働総同盟(CGT)鉄道部門の代表団が、12月からハンストを行っているマリの鉄道労働者を訪問した。

 この命がけの行動によって、労働者4人、妻2人、乳児2名の命が奪われた。

 彼らがハンストを決行した理由は、6カ月間もの賃金未払いにより、極度の貧困に陥っていたためだ。 

 デービッド・ゴーブITF鉄道部会議長は、「民間企業の鉄道経営が遅かれ早かれ経済的・社会的破綻を招くことがまた示された。鉄道は資本家にまかせるには専門性が高すぎる。労働者たちは、全国民のために、鉄道を守るべく、必死に闘っている。ITFは彼らを支援している」と語った。 

 スティーブ・コットンITF書記長は、マリのイブラヒム・ケイタ大統領に書簡を送り、以下を要請した。

  • 鉄道労組との直接協議
  • 未払賃金の全額支払い
  • ダカール-バマコ路線復活のための解決策

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.