Skip to main content

ポッドキャスト: コロナ禍と家庭内暴力(DV)

ニュース 10 Jul 2020

 今回のITFポッドキャストでは、コロナ禍という特殊な状況において、家庭内暴力(DV)が急増していることについてゲストと共に議論する。多くの労働者、特に女性労働者にとって、仕事に出かけることは自立の源泉であり、虐待者から離れる時間が確保される。雇用が保障されない、あるいは奪われる場合、また、自宅隔離が義務付けられる場合、緊張は高まる。

 このような困難な状況において、DVサバイバーは2つの戦いを強いられる。一つはウイルスとの戦い、もう一つはDVとの戦いだ。今日、世界的に「ステイホーム」が叫ばれ、自宅で安全に過ごし、コロナ禍と闘うことが推奨されているが、自宅が安全でない場合はどうしたらよいのだろうか?

 女性交通運輸労働者に対する暴力追放プログラムのスペシャリスト、ネハ・プラカシュがバーブ・マクアリーとシーラ・ナイクウェイドに聞いた。

 バーブ・マクアリーはウエスタン大学「女性と子供に対する暴力に関する研究教育センター」のコミュニティ・ディレクター。数々の研修プログラム、事業、研究プロジェクトを主導してきた。

 シーラ・ナイクウェイドはインドMSTKSの副会長。ITFの女性啓発プログラムの開発に大きく貢献した。

 バーブ・マクアリーは自主隔離のリスクを強調する。「自宅隔離は、コロナ禍との闘いにとってどんなに重要だとしても、虐待者に力を与える。ソーシャルディスタンスで、女性や子供たちが虐待者と接する時間が増えているが、家族が監禁状態で長期間過ごすと、女性や子供に対する暴力の発生率が上がることが分かっている」

 シーラ・ナイクウェイドは、「女性労働者は“自宅よりも職場の方が良い。協力を得られる”と口にする苦い現実がある。彼女たちは、職場の方が自由で、恐れを抱くことが少ないと感じている。自身の経験を他人と共有でき、同僚や友人からアドバイスをもらいながら状況に対処でき、医師、弁護士、カウンセラーと接触できることすらある。これらはみな、自宅にいたら不可能だ」

 ITFのポッドキャスト番組「All Over The Place(あらゆる場所に)」は、「Apple Podcasts」や「Spotify」で視聴できる。

 今回のITFポッドキャストでは、コロナ禍という特殊な状況において、家庭内暴力(DV)が急増していることについてゲストと共に議論する。多くの労働者、特に女性労働者にとって、仕事に出かけることは自立の源泉であり、虐待者から離れる時間が確保される。雇用が保障されない、あるいは奪われる場合、また、自宅隔離が義務付けられる場合、緊張は高まる。

 このような困難な状況において、DVサバイバーは2つの戦いを強いられる。一つはウイルスとの戦い、もう一つはDVとの戦いだ。今日、世界的に「ステイホーム」が叫ばれ、自宅で安全に過ごし、コロナ禍と闘うことが推奨されているが、自宅が安全でない場合はどうしたらよいのだろうか?

 女性交通運輸労働者に対する暴力追放プログラムのスペシャリスト、ネハ・プラカシュがバーブ・マクアリーとシーラ・ナイクウェイドに聞いた。

 バーブ・マクアリーはウエスタン大学「女性と子供に対する暴力に関する研究教育センター」のコミュニティ・ディレクター。数々の研修プログラム、事業、研究プロジェクトを主導してきた。

 シーラ・ナイクウェイドはインドMSTKSの副会長。ITFの女性啓発プログラムの開発に大きく貢献した。

 バーブ・マクアリーは自主隔離のリスクを強調する。「自宅隔離は、コロナ禍との闘いにとってどんなに重要だとしても、虐待者に力を与える。ソーシャルディスタンスで、女性や子供たちが虐待者と接する時間が増えているが、家族が監禁状態で長期間過ごすと、女性や子供に対する暴力の発生率が上がることが分かっている」

 シーラ・ナイクウェイドは、「女性労働者は“自宅よりも職場の方が良い。協力を得られる”と口にする苦い現実がある。彼女たちは、職場の方が自由で、恐れを抱くことが少ないと感じている。自身の経験を他人と共有でき、同僚や友人からアドバイスをもらいながら状況に対処でき、医師、弁護士、カウンセラーと接触できることすらある。これらはみな、自宅にいたら不可能だ」

 ITFのポッドキャスト番組「All Over The Place(あらゆる場所に)」は、「Apple Podcasts」や「Spotify」で視聴できる。

 

 ITFの新型コロナウイルス対応の詳細はこちらITF女性部門のウェブサイトはこちら

 

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり