Skip to main content

ブルガリアの公共交通労働者の勝利

16 Apr 2019

 ソフィア電気輸送会社とソフィアバス会社のバスおよびトラムの運転手が何ヶ月もの運動の末、両社の賃金水準を合わせるための、2528%の賃上を勝ち取った。 

 運転手らは、ブルガリア交運労連(FTTUB)およびブルガリア独立労組連合(CITUB)を通じて交渉にあたった。

 エカテリーナ・ヨルダノヴァFTTUB委員長は次のように語った。「交通運輸労働者を犠牲にして、政治ゲームをしている者がいるが、我々は実質的な賃上げを達成した。引き続き、労働条件向上と時間外労働の削減を目指して交渉する」

「ソフィアの公共交通事業者4社の全従業員を対象とする、向こう3年間の枠組みに合意し、2022年までの3年間に毎年10%の賃上げを4社の全従業員に確保する」

 FTTUBは、全労働者(運転手、車掌、保守作業員、清掃員、事務員)を新賃金体系に組み込むべきだと主張している。

 また、ソフィア市や4社と次の問題についても協議している。

  • 公共交通労働者に対する暴力を有罪とする法律の制定
  • 乗客や労働者にとっての公共交通の魅力を高める戦略

 ジョン・マーク・マニカITF都市交通委員長は次のように語った。「ITFの“私たちの公共交通”プログラムの目的の1つは、都市交通の労働者と労働組合の力を強化することだ。 FTTUBがその方法-公共交通のモードや職種を超えて、労働者が団結すること-を示してくれた」

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.