Skip to main content

フランスの鉄道スト

06 Dec 2019

 世界78カ国、142組織の労働者800万人が加盟するITF鉄道部会は、2019年12月5日に無期限ストを開始したフランス4労組に対する支援を約束した。

 CGT(労働総同盟)、UNSA(独立組合全国連合)、CFDT(民主労働総同盟)、およびFO(労働者の力)は、政府が強行しようとする制度改悪を阻止するために行動を起こしている。

 2020年1月1日施行の鉄道改革は鉄道労働者の労働条件・賃金を切り下げるとともに、労働組合の権利をも制限するものだと4組合は主張している。

 鉄道に競争を導入する政府の計画はアウトソーシング(保守部門を含む)につながる。ITFは4労組に宛てた書簡の中で次のように述べた。「これらの戦略は世界中で実施され、鉄道システムの一部崩壊という結果を招いてきた」

 4労組は年金改革にも不満を抱いている。受給額が減るばかりか、女性が多く占めるパートタイム労働者の問題は解決されないと主張している。「現行のフランス式社会保障制度は、世代を超えた連帯に基づく年金制度という点で多くの人が羨む制度となっている」とITFは述べた。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.