Skip to main content

デリバリー・ライダー・フォーラム 

31 May 2019
配達員ライダーを組織する組合がロンドンのITF本部に参集し、搾取的な「ギグエコノミー」企業との対決策を検討した。

 デリバルー、フードラ、ウーバー・イーツなどの企業は、ここ数年、フードデリバリーの需要の増加に応じて、急速に拡大してきた。しかし、このフード・デリバリー部門は、労働コストを回避するために雇用形態を不正に分類し、賃金や労働条件が不安定なことで有名である。

 しかし、労働者は公正な待遇を求めて反撃するために、オルグに取り組んでいる。 ITFのデリバリー・ライダー・フォーラムには、交通運輸労組(オーストラリア)、BTB / UBT(ベルギー)、3F(デンマーク)、FILT CGIL(イタリア)、STF(スウェーデン)、IWGB(イギリス)が参加し、これまでの経験や成果を共有した。

 ITFのベイカー・クンダキ青年部長は次のように語った。「青年労働者は不安定雇用の影響を大きく受けている。搾取が集中している新しい部門に注目する必要がある。デリバリー・ライダーは、国籍にかかわらず、共通の問題に直面しているため、ITFは世界の組合と共に、ギグエコノミーに対する、国境を越えた対応を行う。全てのライダーがユニオン・ライダー(組合員のライダー #UnionRider)となるべきだ。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.