Skip to main content

バス高速輸送システム

バス高速輸送システム(BRT)は、過密都市のキャパシティと信頼性の向上を目指す公共交通システムである。関係企業が運行する大型バス以外は乗り入れできない専用レーンの敷設を基本とする。

BRTには、専用レーンに不随する道路、インターチェンジ、ターミナル、駅舎の新設も含まれる。 世界銀行や各国政府は、ナイロビ、ダカール、アビジャン等の多くの都市でBRTを奨励している。渋滞緩和、効率上昇、大気汚染の削減が見込まれるからだ。

ITFは、ターゲット都市において、BRTの開発に労働者の声を反映させ、インフォーマル労働からフォーマル労働への転換を交渉する取り組みを交通運輸労組と共に行っている。この取り組みの一環として、次の案内書と報告書を作成した。

Worker Voices From Nairobi Public Transport

Connected

ニュース

ニュース 01 Jul 2024

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず

resources