Skip to main content

新技術は航空産業に多くの機会と課題を提供する

航空産業には常に技術が重点的に導入されてきたが、現在は技術の利用が航空機や管制塔以外の分野にも及んでいる。

航空産業ではテクノロジー関連の議論がたくさん行われている。例えば、ハイブリッド航空機、手ごろな価格の超音速機、ドローンなどの開発がある。世界中で様々な企業がこうしたテクノロジーの実験を行っている。全ての企業が今後、航空機の数やサイズが倍になり、旅客数が大幅に増えることによる利益拡大と同様に、テクノロジーの活用によっても利益を拡大することに意欲的だ。

乗客数の増加が見込まれることにより、インフラやサービスにプレッシャーがかかることになる。そのため、多くの空港が改装や増築をしている。現在の航空機の運航の方法では、既にパイロットが不足している状況の中で、高まる要求を管理するため、パイロットや客室乗務員がもっと必要になるだろう。航空業界がこれを解決する可能性のあるソリューションとして考えているのが、コックピットのシングル・パイロット化だ。いずれにせよ、テクノロジーは航空業界の急成長によって発生した問題を解決する方法の一部と考えられている。

航空管制

遠隔地の管制塔(リモートタワー)への移行により、管制塔設備を空港から離れた遠隔地に置くことが可能になっている。また、実行されているテクノロジー次第では、複数の空港の管理を同時にすることも可能になる。これによって大幅なコスト削減ができると言われている。ある情報によると、 「リモートタワー」は一地点に所在する管制塔よりもコストが30-40%低く、リモートタワーを導入する空港の数は徐々に増えている。

規模の小さい空港の監視の場合、遠隔地から航空管制を行えば、1名の航空管制官(ATCO)だけで複数の空港や滑走路を同時に監視することが可能だ。例えば、ノルウェーでは、リモートタワーが交通量の少ない15の空港を管理し、さらに別の17空港の管理も計画されている。

リモートタワーが労働条件と安全に及ぼす影響は、航空管制官(ATCO)や他の航空管制スタッフの労働条件と、彼らの仕事が新しい労働条件によってどれほど強化されるかによる。様々なデータが表示される360度のスクリーンに囲まれ、このことが疲労やストレスレベルにどう影響するかの分析が行われないまま、同時に複数の空港を監視しなくてはならないことは、安全と労働の両面で懸念を起こさせる。このことは、労働者への影響を考慮する必要があり、テクノロジーが労働者を置き換えるためではなく、助けるために使われるよう担保しなくてはならないことを浮き彫りにしている。

荷物ハンドリング

この分野の成長が予測されているが、これは同時に、より多くの荷物のハンドリングが必要になるということであり、世界の空港はこれを可能にするためにテクノロジーを導入する計画でいる。倉庫での業務をモデルにしたテクノロジーが採用される傾向が高まっている。すなわち、何マイルにも及ぶベルトコンベヤーを使ってターミナル間で荷物を運び、中央に保管区域を建設し、そこではロボットクレーンやロボットアームが航空機へ運搬するためのカートやコンテナへの貨物の積載を行っている。現在、このようなロボットを使った施設がアムステルダムのスキポール空港、ソウルのインチョン空港、ロンドンのヒースロー空港に存在している。

カートやコンテナへの貨物の積載は荷物ハンドリングの中でも最も労働集約的な業務であり、ロボットの活用により、この分野の労働力の必要性を6割削減できるとの予測がある。

しかし、これにはベルトコンベヤーやロボットクレーンを絶えず動かしておくためや、システム上の問題が発生した場合にそれを解決するために必要な労働力は考慮されていない。  こうした作業をするために荷物ハンドラーを維持しておくことができない理由は存在しないが、一部の倉庫ではハンドラーがいなくなる現象が見られている。

航空産業の成長

航空会社が成長するということは、より多くの航空機を洗浄する必要があるということだ。現在、機種にもよるが、航空機は年に4回ディープ洗浄を施される。航空機の洗浄は労働集約的な作業で、一部の空港では、20人の作業員が8-10時間かけて大型機のディープ洗浄を行っている。例えば、ドイツ、カタール、インド、カナダなど、世界中で新たに「ロボットクリーナー」が導入されている。これらのロボットクリーナーは実際は、地上にいるオペレーターが遠隔操作している。しかし、会社はロボット洗浄の方が仕上がりもよく、時間もかからない、大型機のディープ洗浄は約4時間でできると主張する。

保守

機器とツール、部品などの接続と通信により、エンジンと航空機の保守が定期的な作業から必要ベースの作業へのシフトしている。保守や修繕を必要とするエンジン部品を個別に特定することができるので、保守の必要性が減るとというのだ。これは保守作業をより急速に行うことができるということであり、航空会社は抱える整備士の数を減らせることを意味する。しかし、航空業界の規模が拡大しているために、この影響が緩和される可能性がある。

自動飛行・ドローン技術

特に軍事面ではドローン技術は急速に発展している一方、近い将来、旅客輸送でドローンが一般的になる可能性は低い。これは乗客の許容度が低いことと、規制の障壁があるためだ。同時に、パイロット不足と需要の高まりにより、人間のパイロットの横にロボットを乗せることは一般的になっていく可能性がある。しかし、航空貨物業者が田園地帯において試験的にドローン技術の活用を開始する可能性はある。アマゾンのような配送会社は、労務コスト削減のためにこうした技術を既に活用している。

監視(モニタリング)技術

ビデオやマイクを使った監視技術、特定の労働強化を強いるためのテクノロジーの利用により、大半の航空労働者の労働環境が変化し始めている。航空会社によっては、売り上げについて、客室乗務員同士の比較を行う会社もある。

荷物ハンドラー、保安検査員、整備士、売店の定員、パイロットなどの職種に関わらず、航空業界の全ての仕事のプロセスの「透明性」が増し、外部の人間による監督が可能になる傾向により、勤労生活が質的に変わる可能性が高い。これこそ、労働組合が注目しなくてはならない点だ。

こうした技術はどういったデータを集めているのか?集めたデータはどのように使われ得るのか?どのような仕事のペースを強いられることになるのか?それは合理的ペースと言えるのか?これらもまた、すぐに答えを出す必要のある問題だ。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.