Skip to main content

地理的シフト

将来の重要分野の活動を通じて、グローバル経済の変化に対応

グローバル経済の中心は、アジア太平洋地域、特に中国へシフトしている。この重要なシフトは、運輸・ロジスティクスにも強く反映されている。バリューチェーンのグローバル化が進むと同時に、地域化が進む可能性もある。

中国の動向がグローバル経済を変えている。中国政府は、技術革新の最先端を行くための投資を惜しまず、インフラネットワークの構築にも力を入れている。高度な経済成長と大規模な人口を背景に、世界の流れを変えるゲームチェンジャーとして存在するだろう。

ペルシア湾:湾岸諸国は、石油・ガスを無尽蔵に利用できなくなる将来を見据え、経済の多様化を進め、地理的位置を活かしながら、運輸・ロジスティクス・ハブとしての成長を模索している。カタールとドバイ(アラブ首長国連邦)は、世界的に重要な航空、海事、陸上輸送・ロジスティクスの発展に力を入れている。

東欧: 東欧諸国の中には、西欧の運輸・ロジスティクス産業の重要な労働供給元となっている国がいくつかある。特にポーランドは、「欧州横断輸送回廊No.1」の一環として、また、ロシアや中国にとっての欧州貿易の玄関口として、欧州の東西および南北を結ぶハブとして認識されている。

東南アジア: 東南アジアでは近年、特に、ベトナム、ラオス、カンボジアなどが成長を遂げている。インド、中国、オーストラリアの間に位置し、重要な海上交通路に近接するこれらの国は、他のASEAN加盟国と共に、重要な経済地域として存在するだろう。

中南米: 中南米最大の国、ブラジルは、グローバル・ロジスティクス大手の重要市場と見られている。一方、パナマ、キューバ、ニカラグア等も、その成長率や投資計画から、重要なロジスティクス・ハブとなる可能性が秘められている。ボリビアやウルグアイも、プラスの成長率や経済社会の発展を維持している。しかし、中南米地域全体としては、インフラ不足が成長を阻害している。

アフリカ 多様性に富み、グローバル経済に原材料を供給する重要な地域である。アンゴラなどは、石油ガス等の重要な資源を持ち、ナイジェリア、南アフリカ、エジプトは、人口が多く、戦略的に重要な地理的位置にある。交通運輸やエネルギーのインフラが不足しているものの、成長率やグローバル経済にとっての重要性は高まることが予想される地域である。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.