Skip to main content

DHL workers’ right 'to a collective voice at work’ guaranteed in ground-breaking protocol

ニュース 20 Jul 2016

It is a direct outcome of the global union movement’s campaigning and solidarity, and follows the complaint made under the Organisation of Economic Cooperation and Development (OECD) guidelines about the conduct of DP-DHL.

The protocol commits DP-DHL to the OECD Multinational Guidelines and to building a more productive relationship with the global unions.

The three parties will meet four times a year and attempt to resolve issues in a mutually acceptable manner to avoid future problems.

ITF general secretary Stephen Cotton said: “This is a new phase in the relationship between the global unions and DP-DHL…This agreement gives us a more progressive industrial relationship that includes dispute resolution mechanisms, supply chain responsibility and reaffirms the right of workers to a collective voice at work without fear of retaliation.

“Our energies will now be focused on testing the commitments made and converting the protocol into something meaningful for all DHL workers regardless of division, contract or country.”

UNI Global Union general secretary Philip Jennings welcomed the central role the German government played to make the protocol possible and said it was now incumbent upon all parties to make it work and deliver results for DP-DHL workers around the world.

Andrea Kocsis, deputy national chair of ITF union ver.di in Germany, added that DP-DHL and the global unions must use the protocol to build a relationship that benefits workers.

Read what UNI Global Union says about the protocol. 

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり