Skip to main content

Eコマース企業のmemlig.comが協約締結で労働者の権利を強化

ニュース 16 Feb 2023

2023年2月8日配信

デンマークのオンラインEコマース小売業者、nemlig.comの配送員は、このほど3F労組が締結した団体協約(CBA)により、給与と労働条件が大幅に改善される。

これは、国際運輸労連(ITF)の加盟組合の3Fがデンマークでラストワンマイル輸送労働者の搾取を阻止するために懸命に行ったキャンペーンの成果であり、新しいテクノロジー・ビジネスのビジネスモデルを公正な労働慣行に従ったものにさせるため、世界中の労働組合が行ってきた取り組みの一環でもある。

ITFスティーブン・コットン書記長は、「3Fの運動が大きく前進したことを祝福したい」と述べた。「nemlig.comの運転手のためにディーセントな賃金と労働条件を確保することは極めて厳しい闘いだった。これは、ギグ・エコノミー業界で見られるアマゾンタイプの労働者搾取に反対するITFと加盟組合の闘いの中で画期的な展開だ」

この協約により、ドライバーは最低時給20.30ユーロ(22米ドル弱)、年金(使用者が8wo負担)、残業手当、休憩、休日、有給の病気休暇、産休、育休などの権利を得ることができるようになる。これにより、彼らの条件はデンマークで働く他の組織運転手の雇用条件と同等になると3Fは述べる。

nemlig.comのステファン・プレンジCEO と3Fのヤン・ビラッドセン委員長による協約の調印式

請負業者ではなく従業員

運転手を従業員ではない請負業者に分類し、適正な賃金と基本的な権利を与えないという慣行は、新興のテクノロジー企業の間で広く行われており、世界中の労働組合の闘争の対象になっている。nemlig.comの運転手にとっては、新協約により、この慣行が終了する。デンマークの組合による2年間の厳しい交渉の結果、nemlig.comの悪しき慣行が大きく報道され、配達員の適正な労働条件を求める世論の支持が高まった。

この協約締結により、nemlig.com6月から初めて配達員を直接雇用することになり、下請け業者の利用は引き続き認められるものの、下請け運転手にもnemlig.com3F運輸労組が締結した協約と同じ賃金を支払わなければならない。

3F運輸労組のヤン・ビラッドセン委員長は、「この協約には非常に満足しており、喜んでいる」と述べた。「同協約は、業界の他の労働協約と同レベルで、3Fの団体協約でカバーされるデンマークの他のすべての運転手と同等の権利が確保される。このことは、CBA締結を通じ、新しいビジネスモデルを取り入れることが可能であることを示している。また、組合とこの団体協約が今後は仕事の一部になったことを示している」

ビラッドセン委員長は、ITF、欧州運輸労連(ETF)、その他の欧州の組合がnemlig.comキャンペーンを支援してくれたことに謝意を表明した。

「アマゾンを含め、余りにも多くの企業が、ビジネスの効率性や柔軟性を高めたと思い込んでいるが、やっていることは労働者の搾取に過ぎない」とコットン書記長は述べる。「今回のような協約の締結により、現代の企業もまた、労働者を大切にすることから実際に利益を得ることができることが示された」

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり