Skip to main content

解雇されたハチソンポート・パキスタンの組合指導者の即時復職を求める

ニュース 記者発表資料 04 Jun 2019

 ITFのパディ・クラムリン会長兼港湾部会議長は、ITFに新規加盟した組合の指導者が狙い撃ちされたことを非難し、次のように述べた。「民主的に選出された組合指導者の解雇を世界の港湾労働者は許さない。ITFはSAPT民主労組(SAPTDWU)の指導者および組合員に対するこの攻撃を強く非難する」

 「ITFはしばらく前からパキスタンにおけるハチソンの戦術を注視してきた。8人の解雇は、労働者の基本的権利に対するハチソンの最新の攻撃だ」

 ハチソンポート・パキスタンは、SAPTDWU が2018年4月30日付でSAPTの交渉団体として正式に認証されて以来、SAPTDWUの正当性を否定し、SAPTDWUに攻撃を加えてきた。

 「ハチソンの組合つぶしを世界の労働組合運動は注意深く監視している」 

 「この1年、ハチソンは法廷でSAPTDWUの正当性に異議を申し立て、敗訴し、別の組合を登録したり、団体交渉を要求した組合指導者を解雇したり、組合によるサボタージュをでっち上げ、組合指導者二人が9日間身柄を拘束されたものの、裁判所に証拠を提出することができなかったりしてきた」

 「ハチソンポート・パキスタンは世界の労働者や海事組合と建設的な関係を築きたいのであれば、カラチ8を直ちに復職させ、恥ずべき組合つぶし戦術を終わらせなければならない」とクラムリン会長は続けた。

 ITFはハチソンポート・パキスタンに書簡を送り、8人の復職を緊急案件として扱い、SAPTで労働組合権が尊重されるようにすることを要求した。これに先立ち、世界の何千人もの組合活動家が8人の即時復職を求める署名活動に協力した。

 「この攻撃は、カラチの労働者の力を弱めるどころか、むしろ強化している。世界中の港湾労働者や組合活動家がカラチ8を復職させる運動を支援している」

 「カラチ8を復職させ、組合員の利益のために活動する8人の組合指導者のために真の結社の自由を保障することをハチソンに再度求める」

 お問い合わせはITFのLuke Menzies(+61 433 889 844 menzies_luke@itf.org.uk)まで。

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 01 Jul 2024

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず
ニュース 28 Jun 2024

チリの労働運動に大きな打撃

 国際運輸労連 (ITF) はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連 (FNTF) のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。  ボニンは 6 月 20 日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅 1,346 トンを積載した貨物列車を運転していた。  初期の報道によると、チリ国鉄 (EFE) の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。  ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ