Skip to main content

バングラデシュの河川水運労働者20万人のストが長年の権利闘争に勝利をもたらす

ニュース 10 Nov 2020

 先月末、ITF加盟BNSFの河川水運労働者20万人が、バングラデシュ貨物船主協会に対する3日間のストを経て、労働条件の大幅改善を勝ち取った。

 とりわけ、長年の要求事項だった乗組員への食事手当支給が認められた。

 BNSFのアシクル・アラム・チョードリー書記長は、「この問題をめぐり我々は感情的になっていった。我々はILO海上労働条約(MLC)で規定されている貨物船乗組員の食事手当を要求しただけだ」と語った。

 

 

 MLCは乗組員に良質な食事と飲料水を提供することを雇用主に義務付けている。大型船の場合は通常、有資格の調理士が乗船するが、調理師や厨房を配置するには小さすぎる船舶の場合は適切な手当が支払われることになる。

  バングラデシュ貨物船主協会は紛争解決の一環としてBNSFの労働者が作成した以下の11の要求項目を進めることで合意した。

  • IDカードとサービスブックの発行
  • 労働者の社会保障の確保
  • 食事手当の支払い
  • 船内で発生する恐喝・強奪の阻止
  • 正規雇用化
  • 2016年の賃金表の実施
  •  

 チョードリー書記長によると、船主協会が食事手当を含む要求項目に関して行動をとると約束したのは今回が初めてではないという。昨年11月にBNSFがストを中止したのも、船主協会の「約束」を取り付けたからだった。

 「彼らは約束を破った。だが、今回は状況が異なる」とチョードリー書記長。

 最近のストで船主の貨物ネットワークが混乱したことがその理由の一つだという。

 バングラデシュ貨物船主協会は、河川システムに沿って5,000隻の貨物船を運航している。海の近く(チッタゴン港とモングラ港)の母船50隻の貨物を内陸水運で河港や上流のターミナルに運んでいる。

     

 チョードリー書記長は次の通り説明した。「このシステムが10月下旬のストで完全に麻痺したため、彼らは労働者の問題を真剣にとらえるようになった」

 1023日に労働雇用大臣の立会いのもと、船主協会と組合幹部との間で会合がもたれ、10月から様々な規模の船舶の乗組員に食事手当が支給されることが確認された」   

 

写真:BNSF  2020 Ⓒ

現場の声

ニュース 01 Jul 2024

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず
ニュース 28 Jun 2024

チリの労働運動に大きな打撃

 国際運輸労連 (ITF) はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連 (FNTF) のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。  ボニンは 6 月 20 日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅 1,346 トンを積載した貨物列車を運転していた。  初期の報道によると、チリ国鉄 (EFE) の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。  ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ