Skip to main content

ガルーダインドネシア航空の違法経営を正す時

ニュース 記者発表資料 16 Dec 2019

 国際運輸労連(ITF)は、インドネシア政府がガルーダインドネシア航空の深刻な汚職疑惑を受け、同社CEO(最高経営責任者)および取締役を解任する決定を行ったことを歓迎する。

 ITFは今回の汚職疑惑を前経営陣の違法行為のほんの一部に過ぎないとみている。ITFはこれまでも、前経営陣の特に労働法違反について、度々懸念を表明してきた。

 ITFのガブリエル・モチョ・ロドリゲス民間航空部長は次のようにコメントした。「今こそ、ガルーダインドネシア航空前経営陣の不正を正す時だ。前経営陣は、勤勉な従業員、乗客、そして究極的に同社の所有者である国民を落胆させてきた」

 「ITFはエリック・トヒル新国営企業相の就任を歓迎している。困難な状況の中で、ガルーダをうまく管理している。新しい企業文化を構築する機会を掴んでほしい」

 ガルーダインドネシア航空にはトヒル大臣が取り組むべき喫緊の課題がいくつかある。

  • チェックオフ制度を復活させ、従業員が所属組合に組合費を簡単に支払うことができるようにすること
  • ガルーダインドネシア航空客室乗務員組合(IKAGI)に組合費を払い戻すこと
  • 組合活動を利用に不当な扱いを受けた、勤続年数の長い忠実な従業員を乗務に復帰させること
  • 経営陣による組合員に対する差別を止めさせること
  • 国内法および国際法に基づく適切な団体交渉手続きを開始すること
  • 従業員の結社の自由を認めること
  • 良好な労使関係を構築し、労働者と合法的な労働組合を尊重すること

 ITFのガブリエル・モチョ・ロドリゲス航空部長は次のように語った。「IKAGIの執行部を変えさせようとした前経営陣の更迭を決めたインドネシア政府に感謝する」

 「執行部を決める権利を持つのは組合員だけだ。このことは、国内法およびILO第87号条約(結社の自由及び団結権の保護)で認められている」

 ITF民間航空部会運営委員会は次のようにコメントした。「ITF民間航空部会運営委員会は、激動の時代にIKAGIを運営してきたザエナル・ムタキンとジャクリーン・ツワナコッタ率いる現執行部の正当性を認識している。ムタキンもツワナコッタも、現IKAGI執行委員とともに、民主的に選出されたIKAGIのリーダーだ」

 

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170