Skip to main content

ウィズエアーに対するルーマニア最高裁判決を歓迎

14 Mar 2019
ルーマニア最高裁は、ウィズエアーが組合加入と組合活動を理由に労働者を差別したことを認める判決を下した。

 2014年、ウィズエアーの従業員19人が組合結成を会社に通知したところ、その直後に解雇された。この懲罰行為は、結社の自由に関する国際基準のみならず、ルーマニア政府が設置する反差別全国協議会の助言に反するものである。

 2016年、下級裁判所で従業員側の主張が認められたが、ウイズエアーは上訴した。当該労組のアエロリミット・プロフェッショナル(略称アエロリミット)は、アエロリミット組合員や他の航空労働者の基本的権利を促進するものとして、最高裁の判決を歓迎している。

 ITFは、アエロリミット結成以来、組合と組合員を支援してきた。今回の判決は、合法的な組合活動を認めるものとして、重要な意義を持つ。特に、ITFが力を入れているライアンエア・キャンペーン推進の観点からも意義深い。ローコストキャリアも他の航空会社と同等の基本的労働基準を受け入れなければならないことが示された。

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.