Skip to main content

Thousands of drivers in Indian cities take action against ride-hailing firms

ニュース 25 Oct 2018

On 22 October, workers in Mumbai, Delhi, Hyderabad, Bangalore and many other cities walked out to demand decent income and working conditions. The ITF estimates that between 50 and 80 percent of Uber and Ola cabs were off the road in these cities.

In Mumbai, the ITF-affiliated Maharashtra Rajya Rashtriya Kamgar Sangh (MRRKS) protested at the Uber offices.

Drivers in India have been hit twice by falling fares and rising fuel prices. This means that Uber drivers' earnings have dropped 22 percent in the last year.

The unions also demand that Uber and Ola should be recognised and regulated as taxi companies to deal with the other issues, which include:

  • A demand for per kilometre rates to increase inline with fuel prices
  • Drivers daily working hours (presently 14-16 hours) should be reduced
  • Drivers must be considered as employees of the firms
  • Health and accident insurance for drivers
  • A cap on the size of Ola and Uber fleets in cities

ITF Asia Pacific assistant regional secretary Sangam Tripathy said: "For the last year we have been meeting with unions organising in Ola and Uber. This led to the MRRKS joining the ITF, and now the first ever coordinated multi-city action in Ola and Uber."

Mac Urata, ITF’s future of work coordinator, added: "These firms need to come to the table and negotiate, they can't put their heads in the sand and pretend this is not happening. These workers are demanding their rights, and they will not be ignored."

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170