Skip to main content

Argentinian unions reject anti-labour laws with general strike

ニュース 09 May 2024

Transport unions in the General Confederation of Labour (CGT) and the Confederation of Workers of Argentina (CTA), joined today’s general strike against the government's anti-labour laws.

Right-wing President Javier Milei is attempting to change 366 laws deregulating working conditions and wages, creating anti-union policies, and move to privatise public companies such as the national airline Aerolíneas Argentinas through the Decree of Necessity and Urgency (DNU).

Transport unions were at the forefront of mobilising against the DNU, with the majority of the country's trade unions from different industrial sectors joining the fight. ITF affiliates have taken legal measures to stop the labour reforms, with the Asociación del Personal Aeronáutico (APA), getting the National Labour Court of Appeals of Argentina to declare the anti-union labour chapter of the DNU unconstitutional.

In today's general strike, the second since Milei's term began, public transport services including the underground, land, rail and air were brought to a standstill. The strike will last 24 hours. 

The Argentinian media, aligned with the Milei government, have responded by launching an anti-union campaign with the aim of promoting antipathy towards trade unions.

Edgar Diaz, ITF regional secretary for Latin America, commented: "The ITF condemns the statements made by the press, particularly the newspaper La Nación, which seeks to blame trade union leaders for the actions of President Milei and the irresponsibility of his government in promoting policies that will adversely affect the economic situation of thousand of families and the refusal to carry out  social dialogue with workers and society in general. 

"The ITF and its affiliates express our full support with Pablo Moyano, ITF Vice-Chair, and Edgardo Llano, ITF Civil Aviation President, and we will continue to accompany the struggle of our brothers and sisters in defence of their rights."

Photo: REUTERS/Agustin Marcarian

現場の声

ニュース 08 May 2024

労災の犠牲者を追悼し、今を生きる労働者のために闘う

 毎年 4 月 28 日に世界中で記念される「労働者追悼の日」(または「労災犠牲者追悼記念日」)は、労災で死亡、負傷、または体調不良となった労働者を追悼し、行動を起こす世界的な記念日である。  最近、アプリを利用したデリバリーのライダー(配達員)が増加しているが、彼らの中には休憩を与えられず、危険な天候の中で働かされている者もいる。先週スペインで 1 人のライダーが死亡したが
ニュース 08 May 2024

トルコの港湾労働者は我々の支援を必要としている

トルコのブルサ近郊のボルサン港で働く港湾労働者が、港湾所有者のボルサン・ロジスティクスから、自らが選んだ組合に加入したことを理由に攻撃されている。 港湾労働者の 70 %以上が、 3 月に ITF 加盟組合のリマン・イシュ労組に加入した。 すると、ボルサン港の経営陣は、組合に加入したことを理由に港湾労働者 6 人を解雇した。 これに対し、組合は港で 4 日間の抗議行動を実施し、港湾を閉鎖した。
ニュース 07 May 2024

ITFとウーバーが配達員のためのグローバル安全憲章を制定

2024年4月25日配信 新たな合意の下で社会的対話を継続する ITF とウーバーが配達員のための安全憲章を制定した。 これにより、ウーバーは世界 1 万1千以上の都市の何百万人もの配達員の安全衛生の拡充にコミットする。 また、 ITF とウーバーは世界中のドライバー・配達員の労働条件向上に関する社会的対話を継続するために、両者の覚書を更新した。 これは、2年以上にわたる両者の協力により