Skip to main content

反労働者の法律をゼネストで拒否

ニュース 27 May 2024

 202459日、アルゼンチン労働総同盟(CGT)とアルゼンチン中央労働組合(CTA)の交通運輸労組は、反労働者の法律に抗議するためにゼネストに加わった。

 右派のハビエル・ミレイ大統領は賃金・労働条件の規制緩和を目的に366本の法律を改正し、必要緊急法令(DNU)を通じてアルゼンチン航空などの公営企業の民営化を進めようとしている。

 交通運輸労組はDNU反対の急先鋒であるが、さまざまな産業の大多数の組合がこの闘いに加わっている。ITF加盟組合はこの改革を阻止するために法廷闘争も展開し、航空従業員組合(APA)は労働裁判所からDNUを違憲とする判決を勝ち取った。

 ミレイ大統領が就任してから2度目となる今回のゼネストでは、地下鉄、道路運送、鉄道、航空等の公共交通が止められた。ストは24時間続いた。

 ミレイ政権に与する国内メディアは、労働組合への反感を助長する目的で反労組キャンペーンを展開している。

 エドガー・ディアス ITF中南米地域事務所長は次のようにコメントした。「ITFは報道機関、特にラ・ナシオン紙を非難する。同紙は、何千世帯もの家計に悪影響を及ぼす政策を推進し労働者や社会との対話を拒否しているミレイ政権の無責任な行動を組合指導者のせいにしている」

 「ITFおよびITF加盟組合はパブロ・モヤノITF副会長とエドガルド・ラノITF民間航空部会議長を全面的に支持している。労働者の権利を守るために闘うアルゼンチンの仲間たちを引き続き支援する」

 

 

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170