Skip to main content

ITF welcomes safe rates ruling in Australia

ニュース 22 Dec 2015

Australia’s Road Safety Remuneration Tribunal ruled on 18 December that drivers should be paid for waiting at depots, loading and unloading and for the time it takes to clean, inspect and service their trucks and trailers.

Australian driver Frank Black welcomed the decision: “Drivers need to know they can feed their family and pay bills. They need to know they don’t have to cut corners on safety. This is a big step to achieving that.”

Over 300 people die each year in truck-related crashed in Australia. Low cost contracts from wealthy retailers and manufacturers put pressure on drivers to cut corners by not maintaining their vehicles and skip rest periods, speed and drive for longer than is allowed to meet unrealistic deadlines.

Those fighting for safe rates globally include drivers for food company Pulmuone in Korea, who have been on strike since September and whose union representatives have been imprisoned. Pressure on drivers in Korea is intense with around 1,200 dying each year in truck-related crashes. Overloading of trucks causes 38 percent of truck related crashes.

ITF road transport workers’ section chair and Australian Transport Workers’ Union national secretary Tony Sheldon said the ruling is a victory in the fight to end carnage on Australia’s roads. He added that is shows what can be achieved by fighting through a trade union for safer jobs.

Employers, governments and employee groups at the UN body, the International Labour Organization, in October backed a plan based on the Australian safe rates model to tackle the root causes of the high global death toll in trucking.

Click here for more on the ITF campaign for Safe Rates.

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170