Skip to main content

DPワールドと闘うオーストラリアの港湾労働者を世界の組合が支援

02 Aug 2019
記者発表資料
メルボルン、シドニー、ブリスベン、フリーマントルのコンテナターミナルにおける雇用削減、アウトソーシング、自動化、労働条件切り下げに反対し、闘いを続けるオーストラリアの港湾労働者を世界数十カ国の海事組合が支援している。

 中東、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ、太平洋の何百万人もの労働者を組織する組合は、ドバイの港湾オペレーター、DP ワールドに書簡を送り、オーストラリアの港湾労働者に対する不当な扱いが、世界各国の良好な労使関係を脅かしてると訴えた。

 また、オーストラリアの港湾労働者の権利と労働条件に対するDPワールドの攻撃を見過ごすことはないとし、交渉のテーブルに戻るよう、DPワールドに要請した。

 世界の交通運輸労働者1,850万人を組織する国際運輸労連(ITF)も、DPワールド・オーストラリアの行動を非難している。

 ITFのジャクリーン・スミス海事コーディネーターは次のように述べた。「世界の組合はDPワールド・オーストラリアの行動に驚愕し、各国のDPワールド経営に、このような攻撃は各国の良好な労使関係を脅かすものだと警告した」

 「争議をエスカレートさせているのはDPワールドだ。所得保障に対する攻撃や、外注・自動化による脅しに始まり、今やMUAとの協議を通じて強制解雇ではなくシフト変更で雇用削減を緩和することを拒否している」

 「熟練港湾労働者を犠牲にし、低賃金で未組織の請負業者に業務を外注しようとするDPワールドの試みをITFは強く非難する。これは紛れもない組合つぶしだ」

 ITF港湾部会副議長を務めるウイリアム・アダムスILWU委員長も、DPワールド・オーストラリアを非難し、次のように述べた。

 「オーストラリアのターミナルを自動化しようとするDPワールドの試みは世界中で非難されている。自動化に関する条項は、労働者の保護と再教育を確保する上で、世界の港湾労働者を組織する労働組合にとっての優先事項だ」

 「カナダと米国のILWUの最近の争議が示す通り、労働者の保護と自動化に関する労使の交渉プロセスを定めた相互合意に基づく和解が今では一般的だ」

 「外注と自動化はどちらも生産性と収益性に多大な財務的影響を与え、また労働者とそのコミュニティーに大きな社会的および地域的影響を与える。組合との協議を蔑ろにしようとするあらゆる試みは、世界の港湾労組により拒絶されるだろう」

 「世界の港湾労働者は団結し、雇用と労働条件を脅かすいかなる企業に対しても闘いを続ける。今、DPワールドが我々の視界に入っている」

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.