Skip to main content

2019年国際青少年デー

ニュース 13 Aug 2019

 我々は今日、世界の青年労働者の力を称える。青年は、労働、政治、経済、社会、労働組合運動を変革する運動の最前線に立っている。我々は今、大きな闘いの最中にある。より良い未来を築くことができるのは青年だけだ。

 途上国の青年の3人に2人は正規の労働に就いておらず、教育も受けていない。外国人労働者の7割は30歳未満だ。2030年までに2,600万人の青年が教育を終え、仕事を必要とする。新しいテクノロジーも彼らの職場に入ってくる。この新しいグローバル経済において、青年にディーセントな仕事を保証するにはどうしたらよいかについて、我々は調査・研究を行っている。

 我々は、青年労働者のための適切な教育、訓練、スキル、仕事、安全、未来を要求する。欧州運輸労連(ETF)、国際労働組合総連合(ITUC)、欧州労働組合連合(ETUC)、教育インターナショナル(EI)、国際公務労連(PSI)、国際食品労連(IUF)、欧州建設・林業労組連盟(EFBWW)の仲間と共にこれらの要求を行う。

 世界の交通運輸労働者1,900万人を組織するITFは国際青少年デーを祝う。

 スティーブ・コットンITF書記長は

 2019年国際青少年デー

 我々、国際労働組合運動の青年労働者は、8月12日の国際青少年デーを祝い、今日および未来の青年労働者および仕事の世界の内外で権力を行使する者に対してメッセージを発する。

 2019年の国際青少年デーのテーマは「教育の変革」だ。

 教育を受ける権利は人権であり、教育は個人の生活、地域社会、国全体を変える可能性を秘めた公益だ。しかし、我々は、教育部門の国際労働組合運動の経験から、世界は完全に「軌道から外れており」、持続可能な開発目標4(質の高い公教育)を2030年までに達成できないことを知っている。

 我々、国際労働組合運動の青年労働者は、以下に対する公平かつ包括的なアクセスを求める。

  • 気候変動問題や生涯学習の機会などが盛り込まれた幅広いカリキュラムを有する無料・公平・非差別的・包括的・利用可能な普遍的な質の高い公教育
  • 十分な訓練を受けた教員と暴力や嫌がらせのない質の高い学習環境。そこでは、教員(若年教員を含む)はディーセントな雇用・労働条件(継続的なキャリア開発を含む)を保証される。

 今日の青年人口は史上最大である。しかしながら、世界の青年が、政治、経済、社会に関与する機会は常に限られている。

 世界的に見て、経済的排除と青年の失業は、私たちが直面している主要課題のたった二つに過ぎない。途上国の青年の3人に2人が職業にも学業にも職業訓練にも就いてないか、非正規あるいはインフォーマルの仕事に就いている。また、いわゆる先進国では、有期雇用や不安定な雇用契約で働いたり、無報酬あるいは違法な見習い、あるいは「自営業」として働いたりしている。

 我々、国際労働組合運動の青年労働者は、以下に対する公平かつ包括的なアクセスを求める。

  • 法律や団体協約を遵守し、ディーセントな生活賃金や標準的な社会保障を保証する質の高い見習い制度・プログラム。
  • ディーセントな生活賃金、標準的な雇用形態や社会保障を通じた仕事の安定性、良好な労働条件、職場の安全衛生、ワークライフバランス、労働組合への加入、労使交渉の権利が確保された質の高い雇用

 あまりにも多くの国の青年労働者が基本的な社会保障の枠外で、年齢が若いが故の差別的慣行に直面しながら働いている。世界的に、労働条件が不安定なデジタルプラットフォームで働く青年は多く、アウトソーシングや不安定雇用の増加に拍車を掛けている。また、このようなプラットフォームは、使用者責任の外部化、説明責任の低減、税収や社会保障費の使用者負担の減少を通じた社会的費用の増加、労働法や基本的権利(団結権や団体交渉権等)の回避などを生み出している。

 我々、国際労働組合運動の青年労働者は、以下に対する公平かつ包括的なアクセスを求める。

  • 青年が急速に変化する仕事の世界に完全かつ成功裏に参加するための基本的なスキルを身に着けることを目的とする、「仕事の未来」への移行に対する教育面からの支援
  • 持続可能な組織体制、組織化、交渉力、運動力を備えた民主的な労働組合。これは、青年労働者の集団の力を強化するために不可欠である。

 今日の青年は素晴らしいリーダーシップと底力を持っていると言われている。今こそそれらを示す時だ!

 2019年国際青少年デーに参加する青年労働者一同

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 28 May 2024

ガボンとエスワティニがFOCに

国際運輸労連 (ITF) は便宜置籍国( FOC )のリストに新たに 2 カ国を加えた。  新たに加わったガボンとエスワティニは、いわゆる「ダークフリート」と深く関係しているとみられている。  一方、トンガは 76 年前から続いている FOC リストから削除され、 FOC の総数は 43 となった。   ITF の パディ・クラムリン会長は次のようにコメントした。
ニュース 27 May 2024

反労働者の法律をゼネストで拒否

 2024 年 5 月 9 日、アルゼンチン労働総同盟( CGT )とアルゼンチン中央労働組合( CTA )の交通運輸労組は、反労働者の法律に抗議するためにゼネストに加わった。  右派のハビエル・ミレイ大統領は賃金・労働条件の規制緩和を目的に 366 本の法律を改正し、必要緊急法令( DNU )を通じてアルゼンチン航空などの公営企業の民営化を進めようとしている。  交通運輸労組は DNU
ニュース 27 May 2024

平等の後退:公共交通の女性の仕事と自動化

 ITF は、公共交通部門の自動化やデジタル化による人員削減や業務再編の影響がいかに女性労働者に及んでいるかに関する調査 報告書 を発表した。  新技術は、新たな仕事の機会をもたらすなど、女性労働者に利益をもたらす可能性もある。しかし、切符販売や案内業務に従事する女性は、それらの仕事が廃止されるリスクにさらされるため、自動化の影響を大きく受けることとなる。  この報告書では