Skip to main content

世界の交運輸労組は訴える:ワクチン特許の一時放棄に反対している英国、ドイツ、スイス、EUは、サプライチェーン危機の回復を遅らせている

ニュース 29 Oct 2021
  • 世界の交通運輸労働者1200万人強を組織する118カ国の375以上の労働組合組織が公開書簡を提出
  • 書簡はジュネーブで開催されたWTOのTRIPS(知的所有権の貿易関連の側面に関する)理事会初日に提出
  • ITFのスティーブ・コットン書記長のコメント:「これらの国の政府は、社会や経済にダメージを与えながら、ファイザー、モデルナ、バイオエヌテックの億万長者の私腹を肥やす政策に邁進しているように思える」

 

 ロンドン、ベルリン、ベルン、ブリュッセル(20211014日):世界118カ国の1200万人強の交通運輸労働者を組織する数百の労働組合組織が、新型コロナワクチン特許の一時放棄に反対する政府に公開書簡を送り、経済にダメージを与え、サプライチェーン危機を悪化さる行為を自ら行っていると非難した。

 ユナイト、ver.dikapersを含む376の組合は、英国、ドイツ、スイス、欧州委員会の指導者宛てに書簡を送り、WTOで提案されている新型コロナ感染症のワクチン、治療法、診断法に関する特許権の一時放棄に反対しないよう要求した。

 ITFはジュネーブで開催されたTRIPS理事会の二日目に先立ち、反対国の首脳に書簡を送り、特許の一時放棄はワクチン接種を世界中で推進するために不可欠であり、IMFによると世界のGDPは今後5年間に累計で5.3 兆ドル減少する可能性があると警告した。

 IMFのクリスタリナ・ゲオルギエバ専務理事は、回復のための目下の最大の障害は「ワクチン格差」であると指摘している。また、ワクチンを開発した、オックスフォード大学のサラギルバート教授は、貧しい国がワクチンを利用できなければ、危険な変異種が生まれる可能性があり、「できるだけ多くの人ができるだけ早くワクチン接種することを最優先させなければならない」と警告している。現在、低所得国の1回目の接種率は3パーセント未満である。

 ITFのスティーブ・コットン書記長は次のように語った。「これら3か国とEUは、ワクチンや命を救う技術への普遍的なアクセスを阻止しながら、サプライチェーンの問題を解決していると主張している。精神分裂症を患っているようだ」

 「社会や経済にダメージを与えながら、ファイザー、モデルナ、バイオエヌテックの億万長者の私腹を肥やす政策に邁進しているように思われる。正に狂気だ。これらの国の指導者たちは、他国の回復を人質にとっているようなものだ。この未曾有の状況においては、米国のリーダーシップに従い、大手製薬会社に立ち向かい、特許権の一時放棄を支持すべきだ」

 交通運輸の業界団体も、「サプライチェーンの世界的かつ人道的危機」に共同して対応しなければ、世界の輸送システムが崩壊する危険が差し迫っていると世界の指導者に訴えた 国際航空運送協会(IATA)、国際海運会議所(ICS)、国際道路輸送連盟(IRU)、ITFは、「産業の回復を加速させるために、ワクチン供給を世界的に拡大させるためのリーダーシップ」を世界の指導者に求めた。

 英国では、重量物車両(HGV)運転手の不足による全国的な燃料不足はまだ解消されていない。2年間におよぶ一貫性のない非人道的な渡航規制に起因する船員交代問題も、既に崩壊しつつある世界のサプライチェーンに大きな圧力をかけている。また、デルタ株の感染拡大で新たな渡航制限が導入され、航空各社は英国-ドイツ間のフライトの7割以上の運航停止を余儀なくされた。

 コットン書記長は次のように続けた。「世界の交通運輸労働者は、コロナ禍において、人々を家に送り届け、キーワーカーを職場に送り出し、市民生活に必要不可欠なサプライチェーンを維持し続けてきた。しかし今、ワクチンや治療へのアクセスの不平等が、輸送労働者の個人的な安全だけでなく、サプライチェーンの回復力と世界経済の再活性化を脅かしている」

 「回復が一日遅れるごとに、より多くの命が奪われ、産業と経済の回復は停滞する。もう言い訳は必要ない。ワクチン特許の一時放棄を実施させなければならない。我々の命と生活がかかっている」

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 30 Nov 2023

国連「パレスチナ人民連帯国際デー」にあわせて ITF「パレスチナ連帯基金」を設置

国際運輸労連( ITF )は本日、国連の「パレスチナ人民連帯国際デー」にあわせて、「 パレスチナ連帯基金 」を設置し、パレスチナの労働者とその家族に緊急支援と長期的な支援を行うこととしました。 ITF は、不正と暴力に立ち向かい、権利、民主主義、平等、平和を推進してきた誇り高き歴史があります。 ITF のパディ・クラムリン会長のコメント:「私たちは長年にわたりパレスチナの組合と共に活動し、正義
ニュース 28 Nov 2023

ITFはガザおよびイスラエルにおける暴力の激化を非難し、即時停戦と政治的解決を求める

国際運輸労連(ITF)は、ガザおよびイスラエルにおける暴力の激化に深い憂慮を表明するとともに、ハマスとイスラエル軍が双方の民間人を標的にしていることを非難する。 すべての関係者が国際法を尊重し、民間人の生命の保護にコミットし、地域のすべての当事者と主要国に緊張緩和を呼びかける国際社会に加わることを緊急に求める。 違法な占領が行われ、16年にわたりガザが封鎖されているものの
ニュース 14 Sep 2023

カンタス航空の1,700人の解雇に違法判決

(9月13日配信) カンタス航空が 1,700 人の地上スタッフおよび手荷物スタッフを解雇したことの違法性が認められ、オーストラリアの交通運輸労組は大きな勝利を収めた。解雇以降、正義を求めて闘い続けてきた労働者にとっても大きな勝利となった。  連邦最高裁判事7名は全員一致でオーストラリア史上最大の違法解雇を認定した。   交通運輸労組( TWU )は、既に連邦裁判所で2回