Skip to main content

ドライバー不足の解消に向けて - 世界の労使がグローバルプランを発表

ニュース 記者発表資料 27 Jun 2023

2023621(ジュネーブ、ロンドン)  350万超の道路輸送事業者を代表する国際道路輸送連盟(IRU)と、1,850万人の交通運輸労働者を代表する国際運輸労連(ITF)は21日、ドライバー不足の解消に向けた三本柱の計画を発表した。

 この新しいアプローチは、ドライバー不足と労働市場の不均衡を是正し、母国以外で働くドライバーのディーセントな労働条件・基準を確保し、労使のルールを簡素化・施行することを目指している。

 IRUウンベルト・デ・プレット事務局長は次のように語った。「ドライバー不足の問題は急速に制御不能になりつつある。合法的な外国人労働者の受け入れを緩和し、非居住者ドライバーの搾取を阻止するシンプルな対策を通じて労働力需給のバランスを確保することが、この問題を解決させ、ディーセントワークを支援し、市民生活に不可欠な道路輸送サービスを維持する一つの方法だ。

 ITFスティーブン・コットン事務局長は次のように語った。「政府、使用者、顧客の多国籍企業が労働組合と連携して、ドライバー不足を解消するためにディーセントワークを構築しなければならない。道路運送のすべての利害関係者および権利保持者が協力して、ディーセントワーク、基本的労働権、真の社会的保護を確保することができてはじめて、ドライバーを惹きつけ、維持することができる産業が実現する」

 このグローバルプランは、国連、各国政府、業界が取るべき行動の概要を示している。

  1. 国連および国際機関:非居住のドライバーを保護するための明確なガイドラインを備えたグローバルな枠組みの開発、ドライバーの条件改善と社会的結束(ソーシャルコヒージョン)の強化、資格基準の調和と国境を超えた承認
  2. 各国政府:非居住者ドライバーを保護するための移民手続きの改正・実施、官僚主義的手続きの削減と現在および潜在的なドライバーの合法的移民の促進、二国間協定を通じた他国の資格の承認、道路運送法規への投資と執行強化、 国内のトレーニングや統合プログラムへの補助金の支出 
  3. 道路運送事業者:非居住者ドライバーが国内の労働者と同じ条件を享受できるようにする事業統合プログラムの開発、トレーニング・スキルマネージメント・認証プロセスの支援

 この計画は、ある国から別の国に問題を持ち込むことなく、ドライバーが余っている国と不足している国の労働力のバランスを改善することを目的としている。各国の既存の取り組みを阻害したり、既存の安全基準や労働条件を切り下げたりするものであるべきではない。

 トラック、バス、長距離バス、タクシーのドライバーの慢性的・世界的な不足は加速しており、何百万人もの交通運輸労働者、使用者、サービスに影響が及んでいる。2022年には、ドライバーの職の約11%が補充されないままだった。今後3年以内に、多くの国で、ドライバーの最大3分の1が定年を迎えることから、未補充のドライバー職は2026年までに倍増する可能性がある。

 各国の政府、組合、事業者がさまざまな取り組みを行っているが、十分ではない。他の解決策としては、免許取得やトレーニング費用の助成、より良い設備を備えた安全かつ安心な駐車場の建設、女性や青年の参入促進、運転手の待遇改善、ドライーバという職業に対する理解の促進などがある。

 

問い合わせ

ITF: Luke Menzies, media@itf.org.ukIRU: John Kidd, press@iru.org

 

 

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり