Skip to main content

トルコのDHLロジスティクス労働者が画期的協約を締結

ニュース 08 Feb 2024

トルコの労働組合Tümtis(トゥムティス)は、組合員のためにDHLロジスティクスサービスと交渉し、画期的な成果を得ることに成功した。 

トゥムティスが勝ち取った協約では、7385% の賃上げと、労働者へのボーナス支給回数の増加が確保された。これにより、ほぼ未組織のトルコの物流セクターにおいて、組織労働者が初めて年4回のボーナスを支給される権利を得た。 

今回の給与の引き上げは、202312月に65%近くに達したトルコの猛烈なインフレを受けてのことだ。 

ITFのノエル・コード内陸運輸部長は、トゥムティスとDHLロジスティクスサービスで働く組合員を祝福し、以下のように述べた:「6回にわたる度重なる交渉の末の妥結は、組合員に対するトゥムティスの献身的サポートと、組合員の組合幹部に寄せる信頼なくしてあり得ない」  

また、「この協約は、すべての労働者に対して組合が職場を組織することの利点を示すものであり、交通運輸セクター全体の基準を引き上げるために労働者がいかに協力し合えるかを示している」と補足した。  

その他の重要な妥結内容は以下の通り: 

  • 燃料手当、出産手当、死亡手当、結婚手当、教育手当を含む社会手当の100%増額  
  • 休日ボーナスの増額(ラマダン・ボーナスは134%増)  
  • 食事手当129%増  
  • 平日の残業手当70%増 
  • 年次休暇の追加 

トゥムティス組合員の88%が、202422日に組合がDHLロジスティクスと締結した協約を支持した。 

トゥムティスは引き続き輸送・ロジスティクス労働者の権利と利益を保護・改善するために闘うと述べ、残業代が支払われない不安定な状況で長期間働くすべての労働者に対し、直ちに組合に加入するよう呼びかけた。  

協約とその内容に関する詳細は、トゥムティスのウェブサイトに掲載されている。

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり