Skip to main content

ITF women act on HIV

ニュース 03 Jul 2014

The voluntary HIV counselling and testing took place as part of a West African women’s leadership seminar, which ran from March 4 to 8. HIV and AIDS is considered by many to be a matter of shame, and HIV testing can be viewed negatively.

Altogether, 32 participants went for testing, including women leaders and ITF officials.

Yvonne Adanlete Lawson, a member of the ITF Africa women’s committee, said: “HIV testing is still a taboo and we are afraid to go for testing as so much stigma is associated with it. I am happy to see so many women leaders from West Africa participating in the seminar came out to challenge the silence and do the testing.”

ITF women transport workers’ coordinator Alison McGarry highlighted the role that women play around the world in challenging their societies to change. She emphasised the importance of winning employer support for educating members on the facts about HIV and AIDS, building links with other organisations working in the field, and continuing the fight against sexual violence which increases the change of infection.

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり