Skip to main content

ITF、ロサンゼルス港の自動化計画に対する組合や地域社会の懸念に対応するようマースクに要請

04 Apr 2019
記者発表資料
今日、国際運輸労連(ITF)は、ロサンゼルス港の自動化計画がもたらす財政面や社会面の影響について、国際港湾倉庫組合(ILWU)と協議し、建設的に協力するようマースクに促した。

「今日、マースクの年次総会に出席したITF代表団は、第400埠頭ターミナルが会社にとっても、労働者と周辺の地域社会にとっても引き続き生産性と競争力があり、利益を上げることができるよう担保すべく、ILWUと建設的対話を行うよう、会社に求めた」と ITFのジャクーリン・スミス海事コーディネーターは述べた。

ITFと加盟組合の代表者からなるITF代表団が、コペンハーゲンで開催されたA.P.モラー・マースクの株主総会で発言した。 ITF代表団は、マースク社と交通運輸労組の間で建設的対話が続いていることを認める一方で、ロサンゼルス港で現在進めれている自動化計画などの現在の課題を提起した。

「世界の多くのマースクの職場に良好な労使関係が存在する。これを全ての地域と職場に広げることが重要だ。ITFマースク・ネットワークは同社の世界の進出先で今現在、どこが問題となっているのかを洗い出した」とITFのジャクーリン・スミス海事コーディネーターは述べる。

株主総会では、ILWUのデーン・ジョーンズがロサンゼルス港APMターミナルの第400埠頭で計画されている荷役の自動化について発言した。

自動化には費用がかかる。完全自動化であれ半自動化であれ、大型船舶に対応できる近代コンテナターミナル施設の建設や改造には数十億とはいかないまでも数億ドルが必要となる。ターミナルオペレーターも施設やソフトウェアソリューション、製品サポートやメンテナンスを近代化するための費用が必要になる。港湾ターミナルは貨物を動かすことで収益を上げているが、自動化コンテナ港では、人間によるほど作業が迅速に進まず、収益もそれほど上がらない」とジョーンズは述べた。

ITF代表団は、マースクの株主と取締役に対し、自動化港湾は「従来型港湾より生産性が低く、運営費も減少する一方で生産性も下がり、現段階では投資資本利益は業界の水準以下になっている」とするマッキンゼー&カンパニーによる最近の調査に注目するよう呼びかけた。

ITFのジャクーリン・スミス海事コーディネーターは、ロサンゼルス港に熟練港湾労働者が残れるよう、ITFはILWUを全力で支援することを強調し、次のように述べた。

「マースクの株主を前に今日語った通り、自動化は生産性と収益性への財政的影響と、労働者とその周辺地域社会への社会的影響の2つの影響を与える。マースクは住民や社会全体、環境へのマイナスの影響をなくし、プラスの影響をもたらす社会的責任を一企業として負っている」

「今日、私たちはITFやILWUと協議し、ロサンゼルス港の自動化計画に対して労働者が抱える大きな不安を解消するよう会社に共に呼びかけてくれるよう、マースクの全株主に訴えた」

より詳細な情報が必要な場合は下記までご連絡を:

ルーク・メンジーズ(ITF海事メディアマネージャー) | +61 (0) 433 889 844 | menzies_luke@itf.org.uk

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.