Skip to main content

ITF、トルコのHava-Is組合の再加盟を歓迎

06 Jan 2020
トルコで多くの民間航空労働者を組織するHava-Is労組が数年間の脱退を経て、再びITF加盟組合として復帰した。

Hava-Is労組から2名の代表者がITFロンドン本部を訪問したことを受け、スティーブ・コットン書記長はアリ・ケマル・タチバル委員長に書簡を送り、ITFへの再加盟を熱烈に歓迎した。Hava-IsはトルコからITFに加盟した初の組合だった。

コットン書記長は次のように述べた。「航空産業におけるトルコの重要性と、特にトルコ航空と新イスタンブール空港が伸びていることを考えると、トルコや全世界の航空労働者が権利を構築する運動で、Hava-Is労組は最も重要な位置づけを占めることになるだろう」

「労働者の権利を構築し、労働者の立場を代表することがHava-IsITFの中核的原則だ。今後、Hava-Is労組と協力できることを期待している。

Hava-Isは来年1月から正式にITFに再加盟する。2万人を超えるトルコの労働者が航空産業で労働水準を引き上げる闘いに世界の仲間とともに再び加わることになる。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.