Skip to main content

ILAとILWUがジョージ・フロイドを追悼   人種的正義を訴える

11 Jun 2020
米国の東西両岸でILAと ILWU の組合員が作業停止し、ジョージ・フロイドを追悼、人種的正義を訴える

 国際港湾倉庫労働組合(ILWU)と国際港湾労働者協会(ILA)の何数千人もの組合員が作業を停止し、ジョージ・フロイドや彼に先立ち人種差別の犠牲となった数えきれない人々のために正義を訴える。

 ILWUの組合員は9分間作業を停止する。9分間は、ジョージ・フロイドがミネアポリスの警官に首を膝で押さえつけけられ、命乞いをしながら死んでいった時間だ。同時に、ILA1時間、港内で平和的な抗議デモを実施する。

 米国の海事組合は、国内外で正義のために闘い抜いてきた誇らしき歴史を持つ。 ILWU 港湾部会は声明の中で、「長年、人種的・社会的正義のために闘ってきたILWUの訴えを今こそ実現させなければならない」と宣言した。

 ILWUウィリー・アダムス委員長は次のように語った。「我が組合は、職場、コミュニティ、世界の人種差別と闘ってきた長い歴史がある」

 「今日、我々は、正義と抜本的な改革を求める何百万人もの人々と共に、地方、州、連邦政府の議員に要求する。心眼を開いて、現行制度の真の改革に着手し、あまりにも長い間、我が国と国民を苦しめてきた制度的人種差別と警察の蛮行を根絶せよと

 ILAのハロルド・J・ダゲット委員長は次のように語った。「今日、我々はクレーンを止め、コンピューターや機器の電源を切り、立ち止まって考える。個人として、また、国として、全市民の尊敬と自由が平等に保障されるようにするにはどうしたらよいかを」

 人種的正義の追及は労働組合の仕事だ

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.