Skip to main content

韓国のロジスティクス労働者の新型コロナウイルス対策とオルグ

ニュース 31 Jul 2020

 韓国の新型コロナウイルス感染防止対策は一般的に成功しているが、クーパン職場の安全衛生状況は良好ではなく、これまでに150人以上の労働者の感染が判明している。新型コロナウイルスの健康上の影響はさまざまであるが、ある労働者の親族は脳死を宣告された。

 アマゾンと同様のビジネスモデルを追求するクーパンは、多くの労働者を不安定な労働条件で雇用しており、組合加入の壁は厚い。しかし、クーパンの労働者は非公式の「クーパン被害者アライアンス」を結成し、KPTUから法的助言、事実調査、メディアへの働きかけ等で支援を受けている。ITFは世界の倉庫・ロジスティクス労組に書簡を送り、クーパン労働者に支援のメッセージを送るように呼び掛けている。

 コロナ禍で外出が難しくなる中、オンライン・ショッピングに移行する人々が増え、Eコマース部門は活況を呈している。倉庫労働者は今こそ、彼らの重要な労働力に値する労働条件、公正な賃金、強固な安全衛生環境を享受すべきだ。

 クーパンの労働者への連帯のメッセージの送付は warehousing@itf.org.ukへ。

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり