Skip to main content

韓国のロジスティクス労働者の新型コロナウイルス対策とオルグ

31 Jul 2020
韓国のeコマース大手クーパンの職場で新型コロナウイルス感染が拡大する中、労働者はITF加盟KPTUの支援を受けながら、身の安全を守るためのオルグ活動を実施している。.

 韓国の新型コロナウイルス感染防止対策は一般的に成功しているが、クーパン職場の安全衛生状況は良好ではなく、これまでに150人以上の労働者の感染が判明している。新型コロナウイルスの健康上の影響はさまざまであるが、ある労働者の親族は脳死を宣告された。

 アマゾンと同様のビジネスモデルを追求するクーパンは、多くの労働者を不安定な労働条件で雇用しており、組合加入の壁は厚い。しかし、クーパンの労働者は非公式の「クーパン被害者アライアンス」を結成し、KPTUから法的助言、事実調査、メディアへの働きかけ等で支援を受けている。ITFは世界の倉庫・ロジスティクス労組に書簡を送り、クーパン労働者に支援のメッセージを送るように呼び掛けている。

 コロナ禍で外出が難しくなる中、オンライン・ショッピングに移行する人々が増え、Eコマース部門は活況を呈している。倉庫労働者は今こそ、彼らの重要な労働力に値する労働条件、公正な賃金、強固な安全衛生環境を享受すべきだ。

 クーパンの労働者への連帯のメッセージの送付は warehousing@itf.org.ukへ。