Skip to main content

労働力不足で旅行のピークシーズンが再びピンチに

ニュース 記者発表資料 13 Jul 2023

ロンドン-国際運輸労連(ITF)は今日、航空産業を労働者にとって魅力的ではない職場にしてしまっている制度的問題に政府と航空業界が対応できずにいるため、これから来る旅行のピークシーズン時に、サプライチェーンが混乱し、フライトの遅延や空港の混雑、サービスレベルの低下を招く可能性が高いと指摘した。  

今日、イージージェットが1,700便の欠航を発表した ことを受け、ITFのスティーブ・コットン書記長は、航空業界がポストコロナの回復に追いつけないことから発生している人員不足の結果、多くの航空会社や空港がスケジュールを縮小したり、旅客数の上限を設けたりしているため、旅行のピークシーズンは再び混乱するとITFは見ていると述べた。

「航空管制官、パイロット、整備技師、客室乗務員、地上スタッフなど、航空業界全体の採用レベルは、需要に追いつけていない」とコットン書記長は述べる。「そして乗客は、予想される旅行の中断は、このような例外的な状況下で最善を尽くしている、最前線で働く労働者の責任ではないことを理解すべきだ」 

「ディーセントな(人間らしい)仕事、適切な労働時間、公正な賃金の欠如が問題の核心であるにもかかわらず、浅はかなインセンティブを利用して従業員の引き抜きが行われていると聞いている。骨折している骨に絆創膏で応急処置をするのは止めるべき時だ」。

コットン書記長は、多くの国で政府が税関や入国管理局に十分な人材を確保できないことが、状況をさらに悪化させていると述べた。

「昨夏のサービス危機は、(コロナ禍で)航空会社、空港、航空サプライチェーン全体で200万人以上の熟練労働者の雇用が失われてきたことの影響を痛感した出来事として、何百万人もの乗客や行楽客の記憶に刻まれている。残念ながら、人手不足は今も続いており、夏の旅行のリスクも続いている」 

労働組合が問題の根底にある根本的な原因に取り組もうと努力する中、労働力不足と賃金や労働条件の悪化により、世界中の主要な航空市場に労働不安が広がっている。先月、空港当局が賃上げの凍結を強要した後、労働組合と合意に達するまで、スイスのハブ空港のジュネーブから出発するフライト数十便がキャンセルされた。

「航空産業のグローバルな性質上、解決策を見出す責任は、誰が一人の当事者の肩にかかっているわけではなく、影響を受けるすべての当事者からの協調した対応が求められている」とコットン書記長は語る。「世界の一部では一定の進展が見られるものの、航空産業の持続可能性は依然として危機的状況にある。

「ITFは、政府や使用者が労働組合と協力し、増える外部委託、臨時契約、望ましくないシフトパターン、低賃金、限られた福利厚生などの問題に積極的に取り組むよう求める」

さらに詳しい情報が必要な場合は、こちらまでご連絡を:media@itf.org.uk

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり