Skip to main content

共同声明:国際運輸労連(ITF)、ドイツ郵政DHLグループ、UNIグローバルユニオンが新たなOECDプロトコルに基づく対話の継続に合意

ニュース 04 Dec 2019

ボン(ドイツ)にて– 2019年12月2日: 国際労働産別組織のITF(国際運輸労連)とUNI(UNIグローバルユニオン)の代表者が、ドイツポストDHL(DPDHLグループと2020年から実施される新しいOECDプロトコルのもとに対話を継続していく決意を再確認した。

DPDHLグループ、ITF、UNIは、OECD多国籍企業ガイドラインの国内連絡窓口の支援により、長年にわたり、お互いを信頼し、良好な関係を構築する優れた枠組みが提供されていると確信している。

2020年の懸案事項を考慮し、三者は焦点を絞った議論を継続することに合意した。少なくとも年に一度、ITFおよびUNIの書記長とDPDHLグループの人事担当取締役が意見交換会に出席する。

2019年には、この三者が重要な協力体制を構築し、その体制は進化し、強化されてきた。定期的な対話に加え、既存のOECDプロトコルを進化させ、今後発生が想定される労使関係の課題などを検討する複数のワークショップも実施された。

2019年11月25日、全国の国内連絡窓口が全ての関係者の同席のもと、ベルリンで新しいOECDプロトコルに署名した。

より詳細な情報はITFコミュニケーション部のアンディ・カーン-ゴードン(khan-gordon_andy@itf.org.uk 、電話:+44(0)7711 356 964)までご連絡を。

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170