Skip to main content

人種差別は組合の問題-ITFの闘う決意

04 Jun 2020

2020525日にジョージ・フロイドが殺害された事件は、米国や世界の歴史を通じて市民を抑圧してきた制度的な人種差別、暴力、不平等の存在を示す最近の例といえる。

公民権運動の長い歴史をもつ米国で起きたこの事件により、人種差別が今も続いているというショッキングな事実が浮き彫りになった。

組合の活動家と労働界は、「一人が傷つけば、皆が傷つく」の信念のもとに活動を続けてきた。この根本的な原則と組織化と抗議運動こそが、人種、民族、ジェンダー、宗教、政治的信条を理由とした差別や搾取に対する我々の抗議運動の真髄だ。

これはITFがかつて南アフリカで展開した反アパルトヘイト運動の原則でもあった。そして今、米国や世界中で暴力を受けてきたアフリカ系アメリカ人や様々な有色人種、少数民族、貧困層、労働者も同じ気持ちだろう。

人種差別、暴力、不平等は職場の問題であり、地域社会の問題でもある。全ての労働者と労働組合は、万人のための平等と平和、正義を勝ち取るべく闘っている。これまでも、そしてこれからも労働組合はその精神のもとに闘い続けるだろう。

ジョージ・フロイドの殺害は世界、そしてとりわけ米国に根深く存在する人種間の分断が許容できない形で表出した憎むべき事例だ。貧困、社会的支援の欠如、経済的、政治的差別により、米国全土でコロナウィルス感染症で亡くなったアフリカ系アメリカ人の数は白人の死亡者の約3倍だと言われているが、これは他の多くの国にも見られる現象だ。そしてこの問題こそが、根深い人種間の不平等や不公正の中心にある問題なのだ。

世界の交通運輸労働者は長らく公民権や人権を擁護し、社会的正義を求める運動に参加してきた歴史を誇りに思っている。先週末、ミネアポリスとニューヨークの組合に加入するバス運転手が警官や抗議デモに参加した人々の刑務所への輸送を拒否した。ITFはこれらの労働者や、「黒人の命も大切」と訴える運動に参加するITF加盟組合とその組合員を、誇りをもって応援する。

ITFITFが組織する約2千万人の交通運輸労働者は、ITFの伝統である勇気と決意をもって、ジョージ・フロイドの死が象徴する社会正義を求める運動を全面的に支持する。

我々は米国で抑圧されている人々や、同様の差別的扱いを受ける全世界の全ての労働者と固く連帯する。

一人が傷つけば、皆が傷つくのだから!

連帯をこめて

 

ITF会長 パディ・クラムリン

ITF書記長 スティーブ・コットン

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.