Skip to main content

ボーイング737 MAX 8の運行停止を

14 Mar 2019
記者発表資料
ITFは、多くの国でボーイング737 MAX 8型機の運行が停止されたことを歓迎し、残りの全ての国の民間航空当局に、乗客と労働者の安全を守るために、同型機の運行を停止するよう訴えている。

 

 エチオピア航空の墜落は、ボーイング737 MAX 8型機が同様の状況で墜落した、ここ6ヶ月間で2度目の事例である。現在、ボーイング737 MAX 8の安全性と運行継続の是非が世界中で議論されている。 

 アルゼンチンのパイロット組合APLAのように、組合員にMAX 8の乗務拒否を指導するなど、多くのITF加盟組合が既に行動を起こしている。ITFは、労働者や乗客を守るための組合のこのような行動を歓迎している。

 既に多くの民間航空当局が、MAX 8の自国領空での飛行禁止を決定している。MAX8の安全性が保証されるまでは、他の民間航空当局も、予防措置として、領空での飛行禁止を決定すべきだ。

 ガブリエル・モチョ・ロドリゲスITF民間航空部長は、「労働者と乗客の安全が最優先されなければならない。航空当局は必要なすべての措置を講じるべきだ。航空が最も安全な輸送手段であり続けるために、調査を実施し、必要な安全対策を講じることが重要だ」と述べた。

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.