Skip to main content

ハングリーパンダ運転手の歴史的勝利

ニュース 29 Mar 2021

ハングリーパンダ運転手がこのほど、より強い労働権の獲得に成功した。

半数以上のハングリーパンダ運転手が運輸労組(TWU)とともに、賃金引き下げに対する抗議運動を数週間にわたりに続けた結果、オーストラリアのフードデリバリー企業のハングリーパンダが待遇の一部変更に同意した。

賃金引き下げに抗議したことを理由に解雇された運転手2名の復職と、以前の賃金レベルの復活と、全ての運転手を対象とした傷害保険の提供や、パフォーマンス管理分類システムの廃止など、賃金の引き上げを意味する内容 を含む歴史的勝利といえる。同社はまた、安全面やレーティングの問題を解決するためにTWUや運転手との交渉を継続することも約束した。

最近、スペインイタリア オランダ英国においてギグエコノミー企業とその運転手の労使関係が法的に認識されていることに注目し、ITFのスティーブ・コットン書記長は「全世界でギグ労働者に有利な方向に潮目が変わりつつある」と述べている。一方、欧州委員会は現在、ギグエコノミーにおける労働者の権利に関する協議を行っており、その結果、企業に雇用されている従来の労働者と同様の被雇用者の権利をギグエコノミー労働者が得られる権利が確認される可能性がある。

デリバルー運転手は先週、グローバルネットワークを結成し、同社の株式上場が目前に迫る中、会社の搾取的なビジネスモデルを公表した。ITFが支援する#Rights4Ridersネットワークは、運転手の安全、労働条件、賃金面の改善を要求している。

「あまりにも長い間、プラットフォーム企業は規制が欠如している状況を利用し、労働者を犠牲にして何十億ドルもの価値を生み出してきた」とコットン書記長は語る。「今回のハングリーパンダでの勝利は、運転手が集まって組織されたなら、どれほど大きな力を持つかを示している。この重要な勝利を収めたハングリーパンダ運転手とTWUを讃えたい」

ITFは、今後もより良く、より安全な仕事を要求することで世界中のギグ運転手をサポートし続け、搾取的なビジネスモデルを考え直すよう、ギグプラットフォーム企業に働きかけていく。昨年11月、ITFギグエコノミー企業に求める10原則を発表し、企業が労働者の人権を尊重するためのロードマップを提供した。

 

現場の声

ニュース 01 Jul 2024

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず
ニュース 28 Jun 2024

チリの労働運動に大きな打撃

 国際運輸労連 (ITF) はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連 (FNTF) のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。  ボニンは 6 月 20 日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅 1,346 トンを積載した貨物列車を運転していた。  初期の報道によると、チリ国鉄 (EFE) の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。  ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ