Skip to main content

トルコ航空に平等を求める

13 May 2020
トルコの航空労組Hava-Isは、高齢の労働者を差別する新型コロナウイルス対策を止めるようトルコ航空に要求している。

 今年初めに新型コロナウイルス感染症がトルコ西部で拡大し始めた頃、約2,500人のトルコ航空従業員が会社の経営安定に協力するための無給休暇取得に応じた。世界各国の航空会社が新型コロナウイルス感染拡大防止のために運航を停止する中、彼らはこの例外的な措置をを受け入れることにした。

 41日、トルコ政府が雇用維持を目的とする支援制度を立ち上げたところ、トルコ航空は人件費の大部分に対してこの制度の適用を受けた。しかし、制度開始前に無給休暇の取得に応じた従業員に対する賃金補償は行われなった。

 60歳以上の労働者の状況は特に深刻だ。トルコ政府は高齢者の重症化リスクが高いことから、高齢者の外出を禁止しており、トルコ航空はこの年齢層の労働者に無給休暇を取得するよう圧力をかけている。これは、トルコ政府が批准している、年齢に基づく差別を禁止するILO条約に明らかに違反する。

 422日、ITFのガブリエル・モチョ・ロドリゲス民間航空部長は、トルコ航空CEOに書簡を送り、Hava-Isの要求を支持することを表明した。また、トルコ政府の国際労働基準遵守義務を指摘するとともに、ITFがコロナ禍に対して持続可能な対応を行う航空会社を支持することを強調した。

 

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.